“think twice” ってどんな意味?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

スポンサーリンク

“think twice”。直訳すると「二度考える」ですよね。

“Don’t think twice.”。これは「二度考えないで」でしょうか。

今回はネイティブが口語でよく使う “think twice” の意味と使い方を紹介したいと思います!

この記事の目次

“think twice” の意味とは?

“think twice” とは「よく考える」という意味で使われるフレーズです。

英英辞書を見てみると、

to carefully consider whether what you are planning to do is a good idea

macmillan dictionaryより

と書いてあるように「(しようとしていることが)そうするのがいいのかどうかよく考える」というニュアンスです。「熟考する、もう一度よく考える」ということです。

「二度考える」からイメージを膨らませていくと難しくないですね。

  • Think twice before posting on social media.
    SNSに投稿する前によく考えなさい
  • Always think twice before you make a decision.
    何かを決める時は必ずよく考えなさい
  • If I were you, I’d think twice about it.
    私だったら(もう一度)よく考えてみるな
  • You might want to think twice.
    (もう一度)よく考えた方がいいかもしれないよ
  • He should have thought twice before saying that.
    彼はあんなこと言う前によく考えるべきだったね

“not think twice” の意味とは?

“think twice” の使い方で覚えておきたいのは、否定形で使われることも多いということです。

例えば “not think twice” は「二度考えない」と訳してしまうと意味がわかりにくいですが、こんなニュアンスで使われるんです↓

to do something immediately, without considering whether it is a good idea

macmillan dictionaryより

「(それがいいかどうか)よく考えない→じっくり考えない=ためらうことなく(躊躇せず・迷わず)〜する」です。

スポンサーリンク

例えば、英語のニュースを読んでいてよく見かける使い方は、誰かが溺れそうになっているのを発見して、すぐさま救助に向かった人が後のインタビューで、

  • I didn’t think twice.
  • I jumped into the water without thinking twice.

と言うような使い方です。この場合は「よく考えなかった→考えることなく迷わず飛び込んだ、ためらうことなく(躊躇せず)飛び込んだ」みたいなニュアンスです。また、

  • I took the job without thinking twice.

なら「迷うことなく(即決で)その仕事のオファーを受けた」という意味になります。

他には、何かを強力にオススメする時なんかに、

  • These are expensive but well worth it. I wouldn’t think twice about buying these again. 
    高いけどそれだけの価値は十分ある。買うとしたら迷わずまたこれを買うよ

みたいに言うこともできますよ。

“Don’t think twice” も覚えておきたい

否定形の中でも、相手に “Don’t think twice 〜” のように言うと「躊躇せずに・ためらわずに→遠慮なく」の意味にもなります。例えば、

  • If you need anything please don’t think twice about calling me.
    もし何か必要なものがあれば遠慮なく電話してね

みたいな感じですね。
他にも「Don’t think twice=よく考えるな」という意味そのまま、

スポンサーリンク

  • Don’t think twice about it.
    (それについて)クヨクヨ考えないで、クヨクヨしないで
  • Don’t think twice about it, just do it!
    いろいろ考えないで、ただやるだけだよ!

みたいにも使いますよ。

いくつかの使い方を紹介しましたが「think twice=よく考える」の基本イメージをしっかり押さえておくと、結構使い勝手のいい表現だと思います。

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次