役に立つ「ヒント」「アドバイス」を表す単語とは?

“I’ll be away until Monday” 月曜日は いる?いない?
色の表現は英語と日本語で違う?
「問い合わせ」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

「◯◯のヒント」という表現、日本語でよく見かけませんか?

「旅のヒント」「生活のヒント」と、何となく思い付いたものを挙げてみましたが、何かに役立つ「情報」「ちょっとしたアドバイス」のような意味で使う「ヒント」ってありますよね。

そんな日本語で言う「ヒント」って、英語でも “hint” でいいのでしょうか?

実は、とってもよく使われる別の単語があるんです。

役立つ情報・アドバイスを表す「ヒント」

今回紹介する単語は、オックスフォード新英英辞典ではこのように定義されています。

a small but useful piece of practical advice

何かをする時に役立つちょっとしたアドバイス、ヒント、秘訣、情報というニュアンスですね。

この単語の意味をもっとイメージしやすいように、1つ例を挙げてみます。

以下の画像は、ニュージーランドをバスで周遊する旅人がよく利用する、乗り降り自由な長距離バスのサイトなのですが、今回紹介する単語がこの中に登場しています↓

スポンサーリンク

どの単語か分かりましたか?
その単語とは “tip” です。

ウェイトレスに渡す「チップ」や、「先端」を表す “tip” と同じ綴りです。
読み方は「チップ」ではなくて「ティップ」です。

ちなみに、日本語でいう生活の知恵的な「生活のヒント」には、英語の “hint” も使えなくもないですが、英語の “hint” はどちらかというと、クイズ番組で使われる「ヒント」のニュアンスのように「暗示・ほのめかし」という意味が強いです。

それに対して「旅のヒント」などの「実用的な役立つ情報」という意味での日本語の「ヒント」には “a tip / tips” がよく使われます。

上に登場したバス会社のウェブサイトには「旅のヒント(travel tips)」となる、持ち物・ニュージーランドの気候、そして旅行中に出費を抑える「ヒント」などが書かれています(カジノに行かないこと、と書かれています。笑)。

では、もう少しイメージを膨らませるために、もう一つの “tip” の例を紹介しましょう。

押し付けがましくない “tips”

ウチの大家さんはとってもちゃんとした人で、何か問題があったらすぐに対応してくれて、ちょいちょい来ては「どう?何も問題ない?」と気にかけてくれるのですが、そんな大家さんから先日こんな一通のメールが来ました。

タイトルは “Winter housekeeping tips“。

日本とは反対の南半球にあるニュージーランドはこれから冬を迎えます。

こちらの冬は湿度が高く、家の中にカビが生えやすいので、それを防ぐために窓を開けましょう、とか、洗濯物は部屋の中で干さないように、などの生活のヒントが書かれたメールでした。

Laundry

こんな時にも登場するこの単語。

生活の知恵や、何かちょっとしたヒントやアドバイスという、押し付けがましくない、さりげない感じに使われることが多いです。

“handy tips” という表現もとってもよく使われますよ↓

どんなふうに使えばいい?

何か解決できないことがあって「何かちょっとしたアドバイスない?」という時にも “(Have you) got any tips (for 〜)?” と使えます。

他にも、誰かから「ちょっとした役立つ情報」をもらった時なんかにも、”Thank you” だけじゃなくて、”Thank you for the tips!” というふうに使ってみてはいかがでしょうか。

知っていると意外に便利な単語ですよ。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS