「アドバイス」は “advice” それとも “advise”?

「何人中何人」「何人に1人」って英語で何て言う?
相手を傷つけずに「バカだねー」を英語で言うと?
「次の金曜日」って英語でどう表す?

スポンサーリンク

「アドバイス」と日本語でも言いますが、英語では “advice” と “advise” のどちらかで悩んだことはありませんか?

実はこれは、どちらともちゃんと存在する英単語なのですが、ネイティブも含めて結構よく間違えるんです。

そこで今回は “advice” と “advise” の違いとそれぞれの意味、そしてネイティブがよく使うフレーズをお届けしたいと思います!

“advice” の意味とは?

 “c” の “advice” は「助言」「忠告」「アドバイス」などを意味する名詞です。

日本語の「アドバイス」は ‘ア’ を強く読みますが、英語では /ədˈvaɪs/ のように ‘ヴァ’ にアクセントがあることに注意してくださいね。

  • I need your advice.
    あなたのアドバイスが必要です
  • I need some advice on which laptop to get.
    どのノートパソコンを買うかアドバイスが必要です
  • She gave me some good advice.
    彼女はいい助言をくれた
  • I got a lot of advice from my friends.
    友人からたくさんアドバイスをもらいました
  • Can I ask your advice about something?
    ちょっとアドバイスをもらえるかな?
  • I should’ve listened to Dad’s advice.
    父親の忠告を聞くべきだった

“an advice” や “some advices”、”a lot of advices” とは言わないので注意してくださいね。この “advice” は数えられません。

また、”advice” には上の意味以外にも、ビジネスでは「通知書」という意味でよく使われます。この場合は数えられます。

  • a payment advice:支払通知書
  • a remittance advice:送金通知書

“advise” の意味とは?

“s” の “advise” は「忠告する、助言する、アドバイスする」という意味の動詞です。

スポンサーリンク

動詞の “advise” の発音はアクセントの位置以外にもう一つ注意点があります。それは「アドヴァイ」と濁ることです。
名詞の “advice”「アドヴァイ」と混乱しやすいので気をつけてくださいね。

  • I advised him to go home and get some sleep.
    家に帰って少し寝るように彼にアドバイスした
  • My doctor advised that I should reduce my weight.
    医者は体重を減らすようにと私にアドバイスした
  • He advised me what to do.
    彼は私に何をすべきかアドバイスした

Moving Stories

また「助言する」以外にも、ちょっとフォーマルに “give information” というニュアンスで「伝える、知らせる」を表すときにも使われます。
「アドバイスする」という訳がしっくりこない場合は、大抵これです。

  • Please advise us of any changes to your contact details.
    連絡先に変更があればお知らせください
  • I was advised that it would cost me $500 to have it fixed.
    修理に500ドルかかると知らされました

“Please be advised” の意味とは?

ビジネスレターやフォーマルな文書で目にする “advise” を使ったフレーズに、

Please be advised (that) 〜

があります。これは「〜ということをご承知おきください」といったニュアンスで使われます。

なぜそんな意味になるのかと言うと、”advise” は「知らせる、伝える」という意味でも使われると先ほど紹介しましたよね。

なので、”Please be advised that 〜” は直訳すると「〜ということを知らせられてください」となります。でも日本語ではそんなふうに言わないですよね。

回りくどい言い方をシンプルにすると「〜ということをお知らせします、通知します(ので知っておいてください)」ということになります。

スポンサーリンク

  • Please be advised that the schedule is subject to change.
    スケジュールは変更になる可能性があることをご承知おきください
  • Please be advised that our office hours for the holiday season will be as follows;
    クリスマスシーズンの営業時間は以下の通りです。ご承知おきください

のような感じですね。かたい表現なので普段の会話では使われないと思います。

“Please advise.” もよく見かける

“advise” は「〜にアドバイスする、〜に知らせる」なので<誰に>が後ろに来るのが基本です。

ただ、メールの最後に、

Please advise.

のように使われているのも主に仕事関連のメールでよく目にします。

これはメールの本文の中に相手への質問が書かれている時や、相手の意見が欲しい場合にメールを締めくくるフレーズで、返事を促すニュアンスになります。

混乱しやすい紛らわしい表現

今回は “advice” と “advise” の違いをお届けしましたが、小さな違いが大きな違いになることもあります。

以下のコラムではちょっとした【違い】を紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください!

■「天気」は “weather”?それとも “whether”?スペルが似ていて紛らわしい単語をたくさん紹介!

スポンサーリンク

■”curve”、”curb/kerb”、”carve” の違いとは?

■”classic” と “classical” の違いとは?

■”every day” と “everyday” の違いはこちら↓

■”in office” と “in the office” の違いは?

■”most” と “almost” の違いはこちらです↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS