“classic” と “classical” ってどう違うの?

イギリス英語の基本?”lovely” の使い方
“I’ll be away until Monday” 月曜日は いる?いない?
「手作り」は英語で何て言う?”handmade” と “homemade” の違いは?

スポンサーリンク

「クラシック音楽って英語では “classical music” って言うんだよ」って聞いたことありませんか?

確かに、ベートーベンやバッハなどの「クラシック音楽」は英語では “classic music” ではなく、”classical music” と呼ばれます。

でも、だからと言って英語に “classic” という単語が存在しないということではありません。

では、”classic” と “classical” にはどんな意味の違いがあるのでしょうか?

“classical(クラシカル)” ってどんな意味?

冒頭にも登場した「クラシック音楽」。英語では “classical music” が正解です。
「クラシック」は日本語でも馴染みがありますが「クラシカル」はあまり耳にしないですよね。

英語の “classical” には、こんな意味があるんです。

traditional in style or form, or based on methods developed over a long period of time
(Cambridge Dictionary)

これは日本語で言う「古典の、古典的な、伝統的な」といった意味で「古典」「伝統的なスタイル」というのが大きなポイントです。
なので「クラシックバレエ」も英語にすると “classical ballet” となります。

また “classical music” とは、

Classical music is considered to be part of a long, formal tradition and to be of lasting value

ということで、ここでもやはり “tradition” というキーワードが出てきていますね。

スポンサーリンク

Violin

“classic(クラシック)” の意味は?

では、次に “classic” を見てみましょう。
オックスフォード現代英英辞典には、こんなことが書いてあります。

with all the features you would expect to find; very typical

日常生活で一番よく使われる “classic” の意味はこれだと思います。古典や伝統とは全く関係のない「典型的な」という意味です。

例えば、”classic symptoms of chickenpox” とは「水ぼうそうの典型的な症状」ということですし、”classic example” で「典型的な例」を表します。

あるいは、会話でも使えます。例えば、時間にルーズなJohnさんがいたとしましょう。そして、待ち合わせ時間にJohnさんが現れない場合に、

  • Oh, it’s classic John.

のような使い方ができるんです。

その他の “classic” の代表的な意味として「(長い間愛され続けいてるというニュアンスでの)ハイクオリティー、傑作の」が挙げられます。

  • classic novel:名作小説
  • classic car:クラシックカー

などがこの例ですね。

また「(ファッションが)飽きのこない・流行りに左右されない」という意味もあるので「飽きのこないデザイン」も “classic design” と表現することができますよ。

スポンサーリンク

What a Classic

また “classic” は名詞で使われることもあって「(文学作品・映画などの)傑作、名作」という意味で、こちらもよく使われます。

  • Casablanca is one of the best classics ever.

なんていうふうに使われたりします。

“classical” と “classic” の違いをまとめると

日常生活で言えば、”classical” というのは「古典に関連するもの」や「クラシック音楽」「クラシックバレエ」を表すぐらいでしかあまり見かけません。

それに対して “classic” は形容詞の「典型的な、傑作の、流行に左右されない」という使い方や、名詞としての「愛され続ける傑作・名作」など、日々の生活にわりと登場します。

日本語では「クラシック=古いもの」というイメージがありますが、英語には「典型的な」という意味もあるので、必ずしも「クラシック=古いもの」ではありません。

日本語のイメージにとらわれてしまうと “classic” という単語が出てきた時に、自分の中のイメージとのズレを感じることもあると思うので、今回紹介した “classic” の意味や使い方を頭の片隅にでも置いておいてもらえたら、と思います。

よく似た単語・フレーズのコラムはこちら

【よく似た単語・フレーズの違い】は、こちらのコラムでも色々と紹介しています。
気になるものがあれば、ぜひ読んでみてくださいね。










■■似た英単語やフレーズの【違い】を取り上げたコラムの一覧はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS