“classic” と “classical” ってどう違うの?

「歩く」だけじゃない!”walk” のこんな意味
「◯時頃」「◯歳ぐらい」数を曖昧に表現する方法
会話で役立つ “let” の使い方と便利フレーズ

スポンサーリンク

「クラシック音楽って英語では “classical music” って言うんだよ」って聞いたことありませんか?

確かに、ベートーベンやバッハなどの「クラシック音楽」は英語では “classic music” ではなく “classical music” と呼ばれます。

でも、だからと言って英語に “classic” という単語が存在しないということではありません。ちゃんと “classic” という英単語も使われています。

では、”classic” と “classical” にはどんな意味の違いがあるのでしょうか?

“classical” ってどんな意味?

冒頭にも登場した「クラシック音楽」。英語では “classical music” が正解です。
「クラシック」は日本語でも馴染みがありますが「クラシカル」はあまり耳にしないですよね。

英語の “classical” には、こんな意味があるんです。

  • relating to ancient Greek or Latin literature, art, or culture
  • widely accepted and used for a long time; traditional in style or idea

これは日本語で言う「古典の」とか「古典的な・伝統的な」といった意味で「古典」というのが大きなポイントです。
なので「クラシックバレエ」も英語にすると “classical ballet” となります。

また “classical music” とは、

  • written in a Western musical tradition, usually using an established form and not played on electronic instruments

ということで、ここでもやはり “tradition” というキーワードが出てきていますね。

Violin

スポンサーリンク

“classic” の意味は?

では、次に “classic” を見てみましょう。
オックスフォード現代英英辞典には、こんなことが書いてあります。

with all the features you would expect to find; very typical

“classic” が形容詞として一番よく使われる意味はこれだと思います。
古典とは全く関係のない「典型的な」という意味です。

例えば “classic symptoms of chickenpox” とは「水ぼうそうの典型的な症状」ということですし、”classic example” で「典型的な例」を表します。

あるいは、会話でも使えます。

例えば、時間にルーズなJohnさんがいたとしましょう。そして、待ち合わせ時間にJohnさんが現れない場合に “Oh, it’s classic John” のような使い方ができます。

また「(ファッションが)飽きのこない・流行りに左右されない」という意味もあるので「飽きのこないデザイン」も “classic design” と表現することができます。

What a Classic

また “classic” は名詞の意味もあって、こちらもよく使われます。

a book, film/movie or song which is well known and considered to be of very high quality, setting standards for other books, etc.

という定義の通り「よく知られた最高傑作・名作」といったニュアンスになるので “Casablanca is one of the best classics ever” なんていうふうに使われたりします。

他にも、WBCという略称で親しまれている野球の大会「World Baseball Classic」にも “classic” が使われていますよね。これは「伝統的な古い大会」ではなくて「主要な大会」という意味なんです。

“classical” と “classic” の違いをまとめると

“classical” というのは「古典、古代ギリシャ・ラテンに関連するもの」や「クラシック音楽」「クラシックバレエ」を表すぐらいでしかあまり見かけません。

それに対して “classic” は形容詞の「典型的な」という使い方や、名詞としての「よく知られた傑作・名作」など、日々の生活にわりと登場します。

「クラシックカー」も英語ではそのまま “classic cars” と呼ばれます。
これはなぜ ”classic” なんだろう?と思っていると「飽きのこない・流行りに左右されない」という定義の欄にこんな記載がありました。

classic cars = cars which are no longer made, but which are still popular

なるほど。
なので、”classical cars” ではなく “classic cars” になるんですね。

Classic car

知っておくと役に立つかも

日本語では「クラシック=古いもの」というイメージがありますが、英語では必ずしもそうではありません。

日本語のイメージにとらわれてしまうと “classic” という単語が出てきた時に、自分の中のイメージとのズレを感じるかもしれません。

英語の “classic” の意味や使い方を頭の片隅にでも置いておいてもらえたら、と思います。

よく似た単語・フレーズのコラムはこちら

【よく似た単語・フレーズの違い】は、こちらのコラムでも色々と紹介しています。
気になるものがあれば、ぜひ読んでみてくださいね。






こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS