“There is 〜” と “There are 〜” の使い分けを詳しく解説!

英語での日付の書き方・読み方、おさらい!
「元号」「新元号」「令和」を英語で言うと?
簡単!スモールトーク3つの話題

スポンサーリンク

先日は “There is 〜” と “〜 is there” の違いをお届けしました。

そこで今回は、”There is 〜” と “There are 〜” の使い分けをおさらいしてみたいと思います。

この使い分け、きちんとできていますか?「そんなの簡単簡単!後ろが単数か複数かでしょ」という方も、ぜひもう一度見直してみてください!

“There is” と “There are” の使い分けは後ろが単数か複数か

まずは、もっとも基本的な使い方から。

「〜がある、いる」を意味する “There is 〜” と “There are 〜” の違いは、直後に来る名詞が単数か複数かで決まります。

  • There is a spider on the wall.
    壁にクモがいる
  • There are 7.7 billion people in the world.
    世界には77億人の人がいる

また、忘れられがちですが、数えられない名詞の場合も単数扱いとして “There is 〜” が使われます。

  • There is some bread in the basket if you get hungry.
    お腹空いたら、カゴの中にパンがあるよ

ただ、インフォーマルな使い方として、

  • There’s some problems with the app.
    そのアプリはいくつか問題がある

のように、後ろの名詞が複数形にもかかわらずに “There’s(=There is)” を使うことがあります。ネイティブからも結構よく耳にしますが、あくまでもインフォーマルな使い方です。

スポンサーリンク

“a lot of”、”plenty of” は後ろの名詞がポイント

“a lot of(たくさんの)” や “plenty of(たっぷりの)” には、ついつい “There are” を使いたくなりますよね。

でも、”a lot of” と “plenty of” の後ろには【数えられる名詞】と【数えられない名詞】のどちらも来ることができるのを思い出してください。

なので、その名詞が数えられる場合は “There are“、数えられない場合には “There is” となります。

  • There are a lot of restaurants and cafes near the hotel.
    ホテルの近くにたくさんのレストランやカフェがあります
  • There was a lot of traffic on the motorway.
    高速道路が混んでいた
  • There are plenty of parking spaces.
    駐車場は十分にあります
  • There is plenty of time.
    時間はたっぷりあるよ

ただし、”a lot to do” や “lots to do” のような「〜するべきこと・もの」という使い方の場合には、

  • There’s(=There is) lots to do before then.
    それまでにやるべきことがたくさんあるよ
  • There’s(=There is) a lot to see in Italy.
    イタリアには見るべきものがたくさんある

となります。

単数と複数の名詞、両方がある場合は?

「私の部屋には机と椅子が2つ、ベッドがあります」と言う場合、以下のどちらを使うと思いますか?

  • There is a desk, two chairs ,and a bed in my room.
  • There are a desk, two chairs, and a bed in my room.

当然、複数のものが挙げられているので “There are” になると思いますよね。でも、Advanced Grammar in Useにはこんな例文が書かれているんです↓

  • When I opened the fridge there was only a bottle of milk, some eggs, and butter.
  • When I opened the fridge there were only some eggs, a bottle of milk, and butter.

上のように複数のものを羅列するときは、後ろに来る最初の名詞が単数か複数かで “is/are” が変わるんですね。

スポンサーリンク

これは “is” の直後に複数形が来たり、”are” の直後に単数形が来たりしないという単純なルールなのかなという気もしますが、面白いですね。

口語では “There’s” がよく使われる

今回、コラムの中の例文は “There is” で紹介してきましたが、実際の会話では短くリンクさせた、

  • There’s

がとてもよく使われます。また、インフォーマルな書き言葉にも “There’s” が登場します。

“There are” も口語では “There’re” のように短く発音されますが、こちらは書く場合には “there’re” ではなく “There are” が使われます。

■”There’s something wrong with 〜” は日常生活でとてもよく出てくるフレーズです↓

■”There is/are 〜” と “〜 is/are there” の違いはこちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS