“in time” と “on time” の違いって何?

意外と間違えやすい “Dear 〜” の使い方をおさらい!
「〜そうだね」を表す “look” と “seem”、違いは何?
ネイティブ流、副詞の “over” の使い方

スポンサーリンク

“in time” と “on time”。
見た感じがとっても似ていて混乱しがちですよね。

  • I’ll be there in time.
  • I’ll be there on time.

これらはそれぞれ、どんなことを表しているのでしょうか?

今回は、日本語訳だけで覚えているという方も結構多いと思われる、この2つのフレーズを取り上げます!

“in time” ってどんな意味?

まずは “in time” をMerriam-Webster Learner’s Dictionaryで調べてみました。
すると、こんなことが書かれています。

before something happens : early enough

「間に合って」と訳されることの多い “in time” ですが、この際日本語訳は忘れて、上の定義をイメージしてみてください。

何かが起こる前に、十分(じゅうぶん)早く」ということです。
ポイントは「何かが起こる前に」です。なにか別の出来事の存在を感じますよね。

そして、日付・時間の前置詞。”in、on、at” どれを使う?のコラムでも紹介しましたが、”in” で表す時間には幅や広がりがあります。

スポンサーリンク

なので、”in time” からは何かが起こる前の時間の広がりをイメージできると思います。
そうすると、定義の後半にある “early enough” がスッと理解できますよね。何かが起きる前に十分な時間があるというイメージです。

このイメージを膨らませると、冒頭に出てきた “I’ll be there in time” は、何かが起こる前に時間に余裕を持って到着する姿が思い浮かびますよね。

“on time” ってどんな意味?

次は “on time” です。
オックスフォード現代英英辞典で調べてみると、こう書いてあります。

at exactly the correct time

「正しい(正確な)時間に」なので、なにか「予定された時間」があることが分かりますよね。

また、そもそも “on” は、「日付・時間の前置詞。”in、on、at” どれを使う?」のコラムでも紹介しましたが、特定の日付や曜日を表す時に使われる、時間の流れの中の特定の一点を指すイメージです。

そうすると “on time” は「正しい時間」という点にぴったり乗っかっているイメージができますよね。

なので、冒頭に出てきた “I’ll be there on time” からは、予定された時間にぴったり到着するという姿が思い浮かべられます。

日本の電車やバスなどの交通機関が “always on time” と表されたり、いつも時間通りに来る人のことを “He’s always on time” のように表すのも、このイメージができていれば簡単に理解できますね。

スポンサーリンク

Japan Fireworks

遅刻した場合に使えるのはどっち?

では、ここでちょっと意地悪な問題を出してみましょう。

“in time” も “on time” も基本的には「遅れないで」というイメージがありますが、どちらかは時間に遅れた場合にも使える表現なんです。さて、それはどちらでしょうか?

正解は、”in time” です。

例えば、サッカー日本代表の試合が夜8時からテレビで放送されるので、友達と7時半にスポーツバーで待ち合わせをしたとしましょう。

ところが仕事が長引いてしまい、バーに着いたのは8時前。待ち合わせに遅れてしまいました。
でも、試合が始まる前には着いたので “I got here in time to watch the match” と言うことができるんです。

“in time” の本質は「何かが起こる前に」でしたよね。
この場合、正しい時間(=7時半)には到着していないので、”on time” は使えません。

合わせて覚えておきたいフレーズ

さらに “in time”、”on time” の理解を深めるために、よく使われるフレーズも覚えておきましょう!

スポンサーリンク

それは “just in time” と “right on time” です。

“just in time” は「ギリギリで間に合う」と訳されることが多いですが、ニュアンスとしては「何かが起こるちょうど前に」です。
“I got home just in time. It’s starting to rain” で、雨が降り出す前ちょうどギリギリで家に着いた、ということですね。

そして、”right on time” は “on time(=予定した時間ちょうどに)” を “right” で強調しています。
“The train arrived right on time” で時刻表の時間ちょうどぴったりに到着した、になります。

■この “right” の使い方をもっと詳しく知りたい方は、こちらも参考にしてみてください!↓

“just in time” は、ちょっと焦っていたり息切れしているようなイメージ、そして “right on time” はピッタリ予定通りで余裕さえ醸し出しているようなイメージができればバッチリですね!

こちらのコラムも参考にどうぞ

最後に「時間通り」という表現が出てきましたが「時間にルーズ」という表現も以前に紹介したことがあるので、こちらも知っておくとどこかで役に立つかもしれません↓

「ギリギリ」は “just in time” 以外にも、よく使われる表現があるんです↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS