覚えておきたい副詞の “right” の使い方

ネイティブがよく使う “Where are you based?” ってどんな意味?
“How do you like 〜?” ってどんな意味?
会話によく出てくる “I mean” と “You mean” の使い方

スポンサーリンク

「rightの意味は?」と聞かれたら、あなたなら何て答えますか?

「右」や「正しい」というような意味が真っ先に思い浮かびませんか?

“my right hand” や “on your right”、”You’re right”、”That’s right” といった感じで日常の会話でもよく使いますよね。

でも実は “right” にはこれ以外の使い方もあって、会話の中ではそれらの “right” がたくさん使われるんです。

“I’ll be right back” の “right”

“I’ll be right back” という表現を聞いたことはないですか?

誰かと話していたり一緒にいる時に、ちょっとだけ席を外す時に使われるフレーズです。

“I’ll be back” でも「また戻ってきます」ということは伝えられますが、”right” を入れることによって「すぐに」のニュアンスが出ます。

なぜ “right” が「すぐに」という意味になるのかというと、オックスフォード現代英英辞典の “right” の定義には、こんなことが書いてあります。

immediately; without delay

“right” には「ただちに、遅れることなく」という意味があるんですね。

スポンサーリンク

また、カフェでウェイトレスさんが近くに来たので注文しようとすると、

  • I’ll be right with you.

などと言われることもあります。こう言われたら、今はちょっと手が塞がっているか他の用事があるので、それが終わり次第「すぐに来ます」といったニュアンスになります。

日本語で言う「すぐにお伺いします」や「少々お待ち下さい」のような感じですかね。

cafe
© nzlife.net

また、郵便局などの窓口に並んでいて、いざ私の番という時に、窓口の人が “I’ll be right with you” と言ってどこかに行ってしまう…ということもあります。これも「すぐにお伺いします」みたいな感じですね。

そして、この “right” と同じ使い方で、

  • I’ll be right there.

というフレーズもよく使いますが、これは「(そこに)すぐ行くね!」という意味になります。

強調する「ちょうど」の “right”

「すぐに」「ただちに」といった意味以外にも、実はよく耳にする “right” があります。例えばこんな使い方です。

  • He was standing right behind me.
    彼は私のちょうど後ろ(真後ろ)に立っていた
  • The train came right on time.
    電車は時間ちょうどにやって来た
  • It’s right there.
    それはここにあるよ

これらの “right” の説明は、オックスフォード新英英辞典にはこう書いてあります。

exactly; directly (used to emphasize the precise location or time of something)

上の3つの文章はどれも “right” が無くても意味は通じますよね。
でも、”right” が入ることによって、それぞれ「後ろ」「時間通り」「そこ」を強調しているんです。

スポンサーリンク

“right” があると、表現がどれもイキイキする感じがしませんか?

time to...

日常会話で頻出の “right now”

right now” というフレーズも聞いたことがあると思います。例えば、

  • She is not here right now.

という表現。”She is not here now” でも「今ここにいない」という意味は伝わってきますよね。でも、そこに “right” が入るとどうでしょうか?

“right now” になると「ちょうど今は」「今この瞬間は」というニュアンスになります。

また、これと同じで、 “I’m busy now” よりも、

  • I’m busy right now.

の方が「今この瞬間はちょっと忙しいんだ」というニュアンスが強まります。電話で話せないような時にちょうど電話がかかってきたら、

  • I’m busy right now. I’ll call you back.
    今はちょっと忙しいんだ。後で電話するね

というふうに使えますね。

副詞の “right” は結構使える!

他にも “right here(ここ)” や “right there(そこ)” なんていうのもありますね。

今回紹介した “right” は副詞なので、無くても何となく意味は通じます。

スポンサーリンク

でも “right” を使うことによって微妙なニュアンスを表せたり、表現がイキイキしたり、リズムがよかったりするので、会話の中ではとてもよく出てくる使い方です。

使えそうなものから一つずつ、早速使ってみませんか?

■「すぐに」を表す “right now/away” と “soon” の違いはこちら!↓

■口語でよく使う “won’t be long” で表す「すぐに」はこちらで紹介しています↓

“right on time” については、こちらをご覧ください↓

■ネイティブが使う “You’re right” の「正しい」以外の意味とは?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS