「ギリギリ」って英語で何て言う?

「実家に帰る」って英語で何て言う?
カタカナ英語とはイメージが違う単語 “candy”
意外と知らない?英語の物の数え方

スポンサーリンク

「ギリギリになって〜する」「ギリギリ間に合った!」というような「ギリギリ」から、ちょっと危なかったねというニュアンスの「ギリだったね!」まで、会話でよく使う「ギリギリ」という表現。

そもそも、とっても不思議な響きの言葉ですが、普段よく使うだけに英語でも言いたくなりますよね。

今回は、そんな「ギリギリ」を表す表現を紹介したいと思います。

「ギリギリになって〜する」

以前に英語にもあった!「ドタキャン」の表現というコラムで紹介した「ドタキャン」を表すフレーズを覚えていますか?

「ドタキャン」は「約束や予定の直前にギリギリでキャンセルすること」ですよね。

そんな時によく使うのが “at the last minute” というフレーズでした。
“cancel the meeting at the last minute” で「会議をドタキャンする」を表すことができます。

その他にも、物事を「ギリギリになるまで何もしない」にも、この “the last minute” が使えるんです。

この場合は “leave … until the last minute” のように「放ったらかす」を “leave” で表すのがポイントです。

例えば、旅行の前に、いつもギリギリにならないと準備をしない人に向かって “Why do you leave it until the last minute?” と言えば「何でギリギリまでやらないの!」といったニュアンスになります。

スポンサーリンク

他には、チケットを買う、確定申告をする、など相手に何かを「早めにやって下さいね」と促す時には “Don’t wait until the last minute (to 〜)” という「ギリギリまで待たないで下さいね」といった、英語らしい言い回しのフレーズもよく使われます。

「ギリギリで間に合う」

時間がなくて、駅までダッシュして電車に飛び乗った時などに「ギリギリで電車に間に合った」と表現することってありますよね。
この「ギリギリで間に合う」はどうやって表すのでしょうか?

この場合は言い方はいろいろありますが、口語では簡単で使いやすい “just in time” が使われることが多いです。

「間に合って」という意味の “in time” に “just” をくっつけることで「ちょうど、ギリギリ間に合った」を表すことができます。

例えば “I made it just in time to catch the train” は「ギリギリで電車に間に合った」というニュアンスになり、”I got there just in time” だけで「ギリギリ間に合って(そこに)到着した」となります。

...hurry up!

“I arrived at the station just in time to catch the train” でも「ちょうど、ぎりぎり」感が出ますよね。

■”in time” と “on time” の違いは、こちらで分かりやすく解説しています↓

「危なかったね、ギリだったね」

例えば、こんなシチュエーションを想像してみて下さい。
友達と一緒に道を歩いていたところ、あなたに自転車がぶつかってきそうになりました。

ギリギリでかわしてケガもなく無事でしたが、そんな時に「もうちょっとで危なかったね」という意味を込めて、友達に「今の、ギリだったよね」を英語で言いたい時には何て言いますか?

この場合は “the last minute” も “just in time” も使わずに、”close” でとっても簡単に表せます。
「閉める」の “close” ではなく、”s” が濁らない形容詞の「接近した、近い」という意味の “close” です。

“That was close!” で、日本語で言う「もうちょっとだったね」「ギリだったね」のニュアンスが表せてしまいます。

もうちょっとで危ないところだった、きわどかったという場合によく使われるこの “That was close” ですが、”That’s close! で「惜しい!」といった意味でも使えるので、覚えておくと便利ですよ。

「ギリギリ」にもいろいろある

今回は3つのパターンの「ギリギリ」を紹介しましたが、まだ他にも様々な言い回しがあると思います。

何かの直前という「ギリギリ」なら、シンプルに “just before 〜” も使えますよね。

色々な言い回しにふれてみてニュアンスを感じとれたら、まずは自分が使いやすいフレーズから早速使ってみましょう!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS