英語にもあった!「ドタキャン」の表現

口語でよく使われる “hold up” ってどんな意味?
$4.20、$1.50 はどう読む?ドル・セントの金額の読み方
意外と間違いやすい「Tシャツ」を英語で

スポンサーリンク

約束をよくドタキャンする人、あなたの周りにいませんか?

「明日のデート、彼にまたドタキャンされてさぁ」のように使う「ドタキャン」。言わずと知れた「土壇場でキャンセルすること」の略ですよね。

この「ドタキャン」、英語ではどういうふうに表現したらいいのでしょうか?

デートの約束以外にもいろんな場面で使える表現を紹介します!

「土壇場でキャンセルする」を英語で言うと?

「キャンセルする」はもちろん “cancel” でオッケーです。

問題は「土壇場で」です。
そのまま英語にしようとすると難しいですよね。

そんな時は他の日本語で言い換えることができないか考えてみると、案外簡単に英語にすることができます。
なので、ここでは「土壇場で」を別の言い方にしてみましょう。どんな表現が思い浮かびますか?

その前に、そもそも「土壇場」って何なのか気になりませんか?

私は知らなかったのですが、もともと「土壇」とは江戸時代に罪人を斬首する刑場のことをそう呼んだそうで、それが転じて「切羽詰った最後の瞬間や場面」という意味になったそうです。

もっと身近な日本語に置き換えるとすると「ギリギリで」とか「最後の最後で」といったニュアンスですよね。

スポンサーリンク

では、これを英語にしてみましょう。

「最後の最後で」を表す英語表現

「最後の=the last」というのは何となく簡単に思い浮かぶと思います。

では、ただの「最後」ではなく、もっとギリギリ感を出すためにはどうしたらいいのでしょうか?その答えが「土壇場」にピッタリな英語表現になります。

正解は…”the last minute” です。

オックスフォード新英英辞典の定義によると、

the latest possible time before an event

となっていて「土壇場」の最後の最後の時という感じが出ていますよね。
「土壇場」「最後の最後」となると “at the last minute” となります。

では、これを使った例文も見てみましょう!

「土壇場で◯◯する(した)」を英語で

例えば「彼は私との約束をドタキャンした」は “He cancelled on me at the last minute” と表現できます。

他には「ジョンは土壇場でミーティングをキャンセルした」は “John cancelled the meeting at the last minute” と言えるんです。

Conversa amb vaixell de fons

また、私は先月歯医者の予約を取っていたのですが、当日の出かける直前に「申し訳ないけど今日は診れなくなりました」という電話がかかってきました。

こんな場合にも “My dentist appointment was cancelled at the last minute” と表すことができます。

ちなみに “cancel” の過去形で “cancelled” のようにエル(l)が2つになるのはイギリス英語のスペルです。アメリカ英語では “canceled” ですね。

また、”at the last minute” は予定がキャンセルになる場合だけではなく「土壇場で◯◯する」を表す文章なら、どんな文でも使えます。

例えば “We had to change the plans at the last minute(土壇場で・最後の最後で計画変更が必要になった)” なんていうふうにも使えますよ。

覚えておきたい “last minute”

「ドタキャン」以外、日本語で「土壇場で」を使う機会はそれほどないかもしれませんが、英語の “last minute” は「ギリギリの」「直前の」という意味で何かとよく耳にするような気がします。

例えば「ギリギリなのは分かってますが…」と言いつつ何かをお願いしたい場合にも “I know this is last minute but 〜” という言い方をよくします。
直前のキャンセルなども “last minute cancellation” で表します。

ドタキャンはできればしたくないですが、”last minute” を使った表現は覚えておくと、とっても役立ちますよ!

他にもある、英語にしにくい日本語

今回紹介した「ドタキャン」のように、日本語特有の表現だったりして「英語でどう言えばいいんだろう?」と悩む表現ってありますよね。
そんなテーマを取り上げた以下のコラムもあわせてご覧ください!↓






こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS