英語っぽいのに通じない単語たち

スポンサーリンク

皆さん、海外旅行などで英語の単語だと思って使ってみたら『あれ?通じない・・・』という経験はありませんか?

私は初めてのホームステイ先で、トレーナーを買いたくて思いっきり英語っぽく発音した(つもり)にも関わらず、発音の悪さも手伝って全く通じず、結局は絵を描いて伝えたという経験があります。

ここでは、発音が上手にできなかった、とかそういう問題ではなく、英単語だと思って英語っぽく発音しても、そもそも英語ではそう言わないので通じない、という類いのものを紹介していきたいと思っています。

じゃ、トレーナーって何?

トレーナーの意味で使いたいなら、”sweatshirt”がよく使われます。

英単語で”trainer”というと、”train=訓練する・鍛える”というトレーニング的な意味があるので「調教する人・調教師」というのが一般的なイメージです。今考えるとホストマザーは『この子はいったい何が欲しいんだ???』となったのもうなずけます(笑)

ガラス

まずは「ガラス」。カタカナだし、響きがいかにも英語っぽくて通じそうですよね。

でも、残念ながら英語では”glass(グラス)”が正解です。

水などを飲む時に使うガラスの「コップ」も “glass” です。
でも、コップは英語ではありません。”cop”はご存知、お巡りさんです。”Can I have a cop?” と言うと面倒臭いことになりますので要注意です。

orange juice
© nzlife.net

スポンサーリンク

では、窓ガラスはどうでしょうか?窓=window、ガラス=glassなので “window glass” と言ってしまいそうですが、窓ガラスは “window” です。ガラスはどこに行った?とツッコミたくなりますよね。笑

あと、車の「フロントガラス」なんかもいかにも英語っぽいですが、正しくは “windscreen”と言います。
ここでも単語の中に、もはやglassという字は見あたりません。。。

ビニール袋

コンビニやスーパーなどで買い物をした時にもらう(今の時代は買うところも多いですね)、あの袋です。

ビニールも英語だし、バッグも英語だし、これはゼッタイ通じるでしょ!
と、自信満々に “Can I have a vinyl bag?” と言ってみましょう。

・・・通じません。

ビニールバッグは正しくは “plastic bag” と言います。プラスチックの袋です。
日本語ではプラスチックと言うと、プラスチックボトル・プラスチックスプーン・プラスチックの下敷きなど、わりとしっかりした素材を指すことが多いですが、英語ではペラペラのビニール袋にも “plastic” という単語を使います。

ちなみに、発音はプラスティックです。プラスチックでも、プラッチックでもありません。

シリーズ化、決定

こんな感じで、英語っぽいのに通じない単語たちを少しずつ紹介していけたら、という思いで始まったこのシリーズ。
今後、ちょいちょいと不定期でお届けする予定です!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS