「なんか変…」って英語で何て言う?

“come” を使わずに「来る」を英語で
「きっかけ」って英語でどう表現する?
ネイティブ流 時間のあらわし方

スポンサーリンク

パソコンがいつも通り動かない時やプリンターの調子が悪い時、そんな時には「パソコンがなんか変」や「プリンターが何かおかしい」と言うことがありますよね。

その「なにか変」「何かおかしい」って英語でどうやって表現したらいいんでしょうか?

何がおかしいのか、何が原因でそうなっているのか分からないけど「何か変・・・」そんな曖昧な表現も簡単な英語で表せるんです。

例えば、パソコンの調子が悪い時

いつもならサクサク動くパソコンが、その日は調子が悪くてすぐに画面がフリーズしたり、キーボードがちゃんと作動しないとしましょう。

原因が分かっていればいいのですが、原因が分からないのに何か変になることもありますよね。

そんな時、日本語なら「私のパソコン、何かヘン」や「私のパソコンが何かおかしい」と言ったりします。これを英語で言うと、どうなるでしょう?

「ヘン(変)」という意味の単語で思い付きやすいのは “strange” かもしれません。”My computer is strange” も言わなくはないかもしれませんが、もっとよく使われる言い方があるんです。

それは、誰でも知っている簡単な単語を使ったフレーズです。

その単語とは、”wrong”

“wrong” =「間違っている・違う」と覚えている方が多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

もちろん、その意味でも使われますが、実は「(機械などが)ちゃんと動かない」という場合によく使われる単語でもあるんです。

オックスフォード現代英英辞典には、

causing problems or difficulties; not as it should be

という定義が書かれてあります。「問題を生じている」「本来のあるべき姿ではない」ということですね。

実際にはどんなふうに使われる?

例えば「パソコンが何かおかしい」と言う場合は “There’s something wrong with my computer” や “Something is wrong with my computer” と言ったりします。

ポイントは “My computer is wrong” とはならないことです。「何かがおかしい、何かが変」と言う時には “something” と “wrong” がセットでよく使われます。

gingerbread2011_11
© elidr

また、”What’s wrong?” というフレーズを聞いたことがあるかもしれません。
友達がいつもと違って元気がなく見える時には “Is anything wrong?” と聞くこともあります。

「どうしたの?」と訳されることが多いですが、これらも今回紹介している “wrong” の仲間で、「なにか間違ってる?」というより「なにか問題あるの?」「なにか変?」といったニュアンスから「どうしたの?」という訳になります。

日常のちょっとした場面で活躍する

“There’s something wrong with my computer” のように、”There’s something wrong with ◯◯” は、日常のちょっとした「何かヘン」「何かおかしい」に広く使えるので、とっても便利な表現です。

職場でオフィス機器がちゃんと動かない時や、駅の券売機や町の自動販売機がちゃんと動いていない時、家の中でも色んな場面で使えそうですよね。

空気や気配で「何かが違う」「何かがいつもと違う」と感じたような場合、”I feel something is wrong” と表現することもできます。とにかく「いつもとは違う・本来とは違う」ことを表す時に使えます。

シンプルな単語 “wrong” ですが、今回紹介した使い方はとってもよく使うので、覚えておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS