Coldの代わりに使える「寒い」の表現5選|1分英語

“Good luck!”っていつ使う?
英語にも「そもそも」という表現はある?
「どちらかというと…」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

今日は冬至ですね。
ドンドン日が短くなっていった日々も終わって、今日からはドンドン日が長くなっていきます。でも、寒さはこれから厳しくなっていきます。

ところで「寒い」を表現するとき、”cold” 以外の言い方でどんなものを思い付きますか?
英語には寒さにまつわる表現がたくさんあります。そこで今日と明日の2回に渡って5個ずつ”cold” を含めた「寒さにまつわる表現」を紹介していきたいと思います。

“cold” だけじゃない「寒い」の表現10選(前編)

"Eerie" Ice

英語には寒さの度合いに合わせた言葉がいくつかあります。
その寒さの度合いにある程度あわせて、いろいろな寒さの表現方法を見ていきましょう。

■ cool

“cool” は「寒い」というより「涼しい」とか「冷える」という状態ですね。

It might get a bit cool tonight.
今晩は少し冷えるかもしれない

“cool” には言い方によって「寒い」と違って「心地よい」ニュアンスが含まれます。

■ cold

“cold” は誰もが知っている「寒い」ですね。
“cold” は “cool” と違って「寒い」ことで「不快感」があるときに使われます。

It’s cold today, isn’t it?
今日、寒くない?

■ chilly

“chilly” は “cold” ほど寒くなく不快感も少ないけど、寒い状態です。
“cold” が「寒い」なら “chilly” は「肌寒い」というニュアンスが近いかもしれません。

I want some coffee because it was chilly in the theatre.
劇場の中が肌寒かったから、温かいコーヒーを飲みたい。

■ nippy

“nippy” という単語。あまり馴染みがない方多いかもしれませんね。
“nippy” はアメリカ英語では「刺すような寒さ」、イギリス英語では “chilly” と同じ意味でインフォーマルという、ほんの少しだけ解釈が違う言葉です。

スポンサーリンク

It’s nippy out there!
外は刺すように寒いよ!

■ crisp

“crisp” は天気以外の意味だと食べ物が「パリパリした」とか「カリカリした」という意味です。

そのため天気でも「パリッと冷えた寒い日」のことを “crisp” といいます。日本語だと「清々しい寒さ」でしょうか。雨が何日か続いて、パキッと晴れた日の朝の寒さをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

It was crisp this morning.
今朝は清々しかったね

今日のまとめ

まずは5つほど紹介した「寒さ」の表現、いかがだったでしょうか。

同じ寒さなのに「気持ちよさ」が含まれたり「不快感」が含まれたりすると言い方が変わるのは面白いですよね。

次回でも寒さにまつわる言葉を5つ紹介していますので、あわせてどうぞ↓!

お天気の様々な英語表現はこちらのコラムで紹介しています↓

繰り返しフレーズに触れて復習しましょう!

何かを覚えるとき、復習をすると学習効果がすごく高いそうです。
そこで、【1分英語】シリーズでは、「前回」「3話前」「10話前」に出てきたフレーズを穴埋め形式にして紹介していきます。

単語の最初の一文字目だけわかるようにしました。それと「 _ 」の数が単語の文字数になっています。なんだっけ…と思い出せないときはヒントとして使ってみてください。

前回からの出題

「その本、たまたま見つけました」を英語にしてみましょう。

I h_______ to find the book

「彼をたまたま知っています」を英語にしてみましょう。

I h_____ to know him

答えは「誰もが知ってる単語で「たまたま」を表現する方法」をご覧ください。

3話前からの出題

「今年/来年もよろしくお願いします」を仕事で言いたいとき、英語でどうやって言いますか?

We l___ f______ to doing business with you next year

答えは「「今年/来年もよろしくお願いします」を英語でなんて言う? 」をご覧ください。

10話前からの出題

「娘はよく寝ぼける」を英語にしてみましょう。
My daughter is often h___ a_____

「そんな寝ぼけたこと言ってないの」を英語にしてみましょう。

Stop d_______ like that.

答えは「寝ぼける」を英語でなんていう?をご覧ください。

このシリーズは「できれば毎日更新」でお届けしますが、あいだが空いてしまうかもしれません。
読み逃しがないようにぜひFacebookページを「いいね」して最新の記事のお知らせが来るようにしたり、メールで更新のお知らせを受け取るなどしてもらえると嬉しいです。詳しくは下記を参照ください。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS