“How does it work?” ってどう使う?

「涙をこらえる」って英語でなんて言う?
「ただいま」と「おかえり」は英語でなんて言う?
英語で答えに困る質問をされたらどうする?

スポンサーリンク

“How does it work?” というフレーズを耳にしたことはありますか?

これは私がニュージーランドに来てから、ネイティブがよく使うなぁと思ったフレーズの1つです。

海外に行ったときにも役立つし、海外から日本に来た人が使うことも多いと思うので、今回はそんな知っておくと何かと便利な “How does it work?” を紹介します!

“How does it work?” の意味は?

“work” には「仕事」や「働く」という意味があるのは、皆さんご存じですよね。

でも、それだけではなく「システムが機能する、作用する」という意味もあります。この「機能する」や「〜という仕組みになっている」という意味の “work” も会話でよく使われるんです。

「How=どのように」「it=それ」「work=機能する」なので、直訳すると「それはどのように機能するのですか?」です。でも、これだといまいちイメージしにくいかもしれませんね。

“How does it work?” は「どんな仕組みになってるの?」と聞くような場面で使えるのですが、具体的にどんなシチュエーションでどう使われるのか見てみましょう!

初めて訪れる場所で特に役立つ

海外から初めて日本を訪れた観光客が “How does it work?” と言いそうなのは、例えばこんなときです。

食券を入り口で買って注文するような飲食店ってありますよね。でも、あのシステムを知らない人にとっては、店に入ってどうすればいいのか、どう注文するのかさっぱり分かりません。そんな時、

スポンサーリンク

  • I’ve never been here before. How does it work?
    どんな仕組みになってるんですか?

と聞かれたら、お店の人は「先に券売機で食券を買う」というシステムを説明すればいいんです。

あるいは逆に、自分が海外旅行に行ったときに、インフォメーションセンターで便利な交通カードを紹介されたとしましょう。

「それってどんなカードなの?どんな仕組みなの?」と聞くには、

  • What is it? How does it work?

とだけ聞けば、相手は使い方やどんな仕組みなのかを説明してくれます。

“How does it work?” が便利なのは、1つ1つ細かいことを質問しなくても「どんな仕組みなの?」とザックリ相手から情報を引き出せることなんです。

システム・仕組みが分からない時に役立つ

“How does it work?” は初めての場所に行かなくても、日常生活の中でももちろん使えます。

例えば私の住む街では、最近いくつものカフェが採用し始めている「再利用できるステンレス製の持ち帰り用コーヒーカップ」のシステムがあります。

そして、そのシステムを紹介するウェブサイトにも “How does it work?” が登場していました↓

スポンサーリンク

上の “I DRINK COFFEE, HOW DOES IT WORK?” をクリックした先のページは “How it works” というタイトルになっていて、この「再利用カップのシステムの仕組み」が紹介されています。

システムの仕組みはこうです(This is how it works.)↓

利用者(お客さん)はステンレス製のカップに持ち帰り用コーヒーを入れてもらいます。その際、コーヒーの代金プラス$3をデポジットとして支払います。

そして、そのカップと蓋をカフェに返却すると$3が返ってくる仕組みです。返却するのは購入したお店に限らず、このシステムを採用しているカフェならどこでもOKです。

…と、こんな仕組みになっているんですね(That’s how it works!)

こんな感じで、”How does it work?” だけでなく、

  • This is how it works.
  • That’s how it works.

なんかもよく使われます。

今回紹介したような「仕組み・システムが機能する」「〜という仕組みになっている」を表す “work” は覚えておくととても便利です。ぜひ使ってみてくださいね!

■名詞の “work” も会話では頻出なので、絶対に覚えておきたい使い方です↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS