サンドイッチのSUBWAYは「地下鉄」という意味じゃない

「酉年」は英語で?”chicken year” じゃないよ
「働く」だけじゃない!名詞の “work” を使いこなそう
これ、英語でなんて言う?「(サラン)ラップ」

スポンサーリンク

ブランド名や会社名の由来って、調べていくと意外な発見があったりしますよね。

例えば、誰もが知っているGoogleは、新しい検索エンジンの名前を考えてドメイン名として登録した際に、何とスペルミスをしたことから生まれた名前と言われています。google.com は googol.com のはずだったとか(”googol” とは、10を100乗した数のこと)。

そして、日本にもたくさん店舗があるサンドイッチチェーン “SUBWAY” のブランド名にもちゃんと意味が込められているって知っていましたか?

あの “SUBWAY” は「地下鉄」という意味ではないんです。

“SUBWAY” は造語?

ヘルシーなファストフードとして知られる、サンドイッチチェーンのSUBWAY。

買ったことがある方はご存知だと思いますが、その場で作ってくれるので、パンの種類が選べて、さらに中に詰める具・ソースもカスタマイズできるサンドイッチ屋さんです。

そんなSUBWAYですが、店の感じにもメニューにも「地下鉄」感は全くないですよね。

スポンサーリンク

その理由は、SUBWAYとは「地下鉄」の “subway” ではなく、”sub” と “way” を合わせた造語だからなんです。

Subway

“sub” の意味とは?

“way” は何となく意味が想像できそうですが、そうすると「”sub” って何?」ということになりますよね。

早速、辞書で “sub” を調べてみましょう。名詞のところに「控えの選手」や、先生が休んだ時の「代理の先生」という意味に並んで、こんなものが載っています。

submarine(引用:オックスフォード現代英英辞典

なんと「潜水艦」の事を “sub” と呼ぶんですね。

そして、そこから派生した意味がSUBWAYのSUBの正体です。

SUBWAYに込められた意味

先ほどの辞書の “sub” の項目には、もう1つこんな意味も載っています。

(N AmE) a long bread roll split open along its length and filled with various types of food

まさしくサブウェイのサンドイッチですね。細長いパンを横に半分に切って具を詰めた、ああいうサンドイッチをアメリカでは “submarine sandwich” と呼びます。それを略して “sub” とも言うんですね。言われてみれば、形が潜水艦に似てなくもないような…

スポンサーリンク

Sandwich

SUBWAYは1965年アメリカ生まれ。医師を志す17歳のFredさんが学費を稼ぐために、友人で医師のPeterさんの力を借りて始めたのが “Pete’s Super Submarines” という サブマリンサンドイッチ屋さん。これがSUBWAYの始まりなんですね。

これで SUBWAY の SUB(サブ)が “submarine sandwich” なのは分かりました。

では、”WAY” は何かと言うと、日本サブウェイさんに問い合わせたところ「ひとりひとりのお好みに合わせて(お作りします)という意味が込められています」と丁寧なお返事をいただきました。”the way you like it” といった感じでしょうか。

「ひとりひとりの好みに合わせたサブマリンサンドイッチを提供する」これがSUBWAYという名前に込められた意味だったんですね。
知らなかった!という方は、ぜひ友達や家族に語ってみてください!(笑)

ちなみに、SUBWAYには “footlong sub” という長ーいサンドイッチがありますが、この “foot” についても以前に紹介したコラムがあるので、ぜひ合わせてご覧ください!↓

名前にまつわるトリビア

他にも、名前にまつわるトリビア的な話題を取り上げたコラムはこちらです↓ ぜひ合わせてご覧ください!



スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS