「3対2で勝つ/負ける」って英語で何て言う?

“appreciate” 正しく使えてますか?
出身を話す・聞く時に役立つ英語表現
「暇」をあらわす いろいろな英語表現

スポンサーリンク

皆さん、サッカーのワールドカップをご覧になりましたか?

私は日本が2点目を取った時点で「勝てる!」と思ってしまいましたが、逆転を許し、惜しくも2対3で負けてしまいました。

世界の強豪国も続々と敗退したりと話題は尽きないサッカーW杯ですが、今回のコラムでは「◯対◯で勝つ、負ける」の英語表現を紹介したいと思います。

「サッカー」を英語で言うと?

まずは「サッカー」の英語から復習してみましょう。

「サッカー」を英語で言うと、どうなるでしょうか?
簡単ですよね。そのまま、

soccer

です。ただ、これはアメリカ英語なので、イギリス英語では、

football

のほうがよく使われます。

スポンサーリンク

ニュージーランドもイギリス英語の影響が強いので、サッカーのワールドカップのニュースでは “Football World Cup” と表記されていることが多いです。

ちなみに、アメリカ英語で “football” と言うと「アメリカンフットボール(アメフト)」を指すので、ちょっとややこしかったりもします。

「3対2」「2対0」を英語で言うと?どう読む?

では、次に「3対2」「2対0」のようなスコアを表す英語表現を見てみましょう。

文字で書く場合には「3-2」「2-0」のように書いてありますが、これを英語で読むとなると悩みませんか?

「3-2」は “three to two” のように、点数の間に “to” を入れるのが基本の読み方です。

ただ「今の得点は?」と聞かれてサッと答えるときなどは、短く “Two-one, Japan(2対1で日本)” のように言うこともありますよ。

ちなみにサッカーで「0得点」の場合は、イギリス英語では “nil” という単語を使うことも多いです。
「1-0」が “one-nil”、「2-0」は “two-nil” といった感じですね。

FIFA World Cup

スポンサーリンク

「(◯対◯で)勝つ/負ける」を英語で言うと?

「勝つ/負ける」で真っ先に思い浮かべるのは “win” と “lose” ではないでしょうか。

今回は “win/lose” そして “beat” を使った「勝つ/負ける」の基本表現を紹介したいと思います!

■ win で表す「(◯対◯で)勝つ」

まずは “win” を使った例文を挙げてみると、

  • We won the match.
    私たちは試合に勝った
  • We won the game (by) 2-1.
    私たちは2対1で試合に勝った
  • Who won yesterday’s game?
    昨日の試合はどっちが勝ったの?
  • Who do you think will win the 2018 World Cup?
    2018年のワールドカップはどこが優勝すると思う?

などがあります。
“win” の過去形 “won” は発音に注意してくださいね。「ウォン」ではなく「ワン(/wʌn/)」です。

“win” は「〜が勝つ」以外に、後ろに目的語を持ってくると「(試合など)に勝つ、1位になる、(賞など)をとる」という意味でも使われます。
なので、”win” の後ろは「誰」ではなく、上の例文のように「試合」「タイトル」が入ります。

対戦相手を入れたい場合には、”against+誰” をくっつけて、

  • Belgium won against Japan.
  • Belgium won the game 3-2 against Japan.
    ベルギーが日本に3対2で勝った

みたいに言うこともできますが、「誰に勝った」と言う場合には次に紹介する “beat” が使われることも多いんです。

■ beat で表す「(◯対◯で)勝つ/負ける」

“beat” の意味は「(相手・敵を)打ち負かす、破る」なので、これを使うと「(誰)に勝つ」が表せます。

スポンサーリンク

  • South Korea beat Germany at the World Cup.
    韓国はワールドカップでドイツを破った
  • Belgium beat Japan 3-2.
    ベルギーが3対2で日本に勝った(日本を破った)
  • Do you think Belgium can beat Brazil?
    ベルギーはブラジルに勝てると思う?

また、”beat” を受け身にして “be beaten” で「負ける」を表すこともできます。

  • Argentina was beaten 4-3 by France and eliminated in the round of 16.
    アルゼンチンは4対3でフランスに負け(敗れ)、ベスト16で姿を消した
  • Japan was beaten 3-2 by Belgium.
    日本は3対2でベルギーに負けた

“beat” の活用は “beat-beat-beaten” なので、過去形も “beat” になることに注意してくださいね。

■ lose で表す「(◯対◯で)負ける」

「負ける」という意味でよく知られた “lose” も、”win” と同じように後ろには「試合」が来ます。「誰」をもってくることはできません。

  • Japan lost the game 3-2.
    日本は3対2で負けたよ
  • They lost two games in a row.
    彼らは2試合連続で負けた

「(誰)に負けた」と言いたい場合には、”to+誰” になります。

  • Japan lost to Belgium 3-2.
    日本はベルギーに3対2で負けました
  • Germany lost 2-0 to South Korea.
    ドイツは韓国に2-0で負けた

そして「1点差で負けた/勝った」のような「◯点差で」を表す場合には、”by” を使えばOK。

  • They lost by one goal.
    1点差で負けた
  • We won by just one point.
    1ポイント差で勝った

バスケットボールなど他の競技では “goal(s)” ではなく “point(s)”、野球やクリケットでは “run(s)” などが使われます。

スポーツの会話に役立つフレーズ

最後に、スポーツの試合にまつわる役立つフレーズを少しだけ紹介しておきましょう。

  • What’s the score?
    今、何対何?
  • What was the score?
    何対何だったの?
  • Who’s winning?
    今、どっちが勝ってる?
  • Who won?
    どっちが勝ったの?

どれもシンプルな短いフレーズですが、サッカー以外の競技にも使えるので、ぜひ会話で役立ててみてくださいね!

スポンサーリンク

■「優勝する」「1位になる」の英語表現や、”win” の使い方は以下のコラムで詳しく紹介しています↓

■「◯試合連続で」のような「連続で」の英語表現はこちらもご覧ください!↓

■サッカーの試合後によく行われる「ユニフォーム交換」。あの時に交換するのは “uniform” とは言わないことが多いんです↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS