現在完了進行形、こんな使い方

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

スポンサーリンク

現在完了進行形といえば「have been -ing」の形ですよね。例えば、

  • It’s(=It has) been raining all day.
    一日中ずっと雨が降っている

みたいに「ずっと〜し続けている」という意味で覚えている人が多いかもしれません。過去に始まって今までずっと継続しているというニュアンスですね。

でも、そうとは限らない使い方もあるんです。

この記事の目次

現在完了進行形は「継続している」とは限らない

こんな場面を想像してみてください。

今は雨は降っていません。でも、先ほどまで降っていた雨で地面はベチャベチャに濡れています。

こんな状況は “It has been raining.” と言えると思いますか?

答えは「言える」んです。

上のシチュエーションは、私の愛読書English Grammar in Useからの引用です。現在完了進行形は「(今はしてないけど)ついさっきまでずっと〜していた」を表すこともできるんですね。

ただし、完了形なのでそこには必ず何らかなの「現在との繋がり」があります。例えば、余韻だったり名残だったりしますが、過去に起こったことの影響や結果を今感じているというニュアンスです。

この場合は濡れている地面を見て、先ほどまでずっと雨が降っていたということを今感じ取っているので、

スポンサーリンク

  • It’s(=It has) been raining.

と言えるんですね。

現在完了進行形の使い方おさらい

冒頭で “It has been raining.” と言えるかという質問に「言えない」と答えた人もいるかもしれません。

それはきっと、現在完了進行形を「(今も含めて)ずっと〜している」いう訳だけで覚えているせいだと思います。

確かに “It’s been raining all day.” は今も雨が降っている「一日中ずっと雨が降っている」です。それだと、今は雨が止んでいるなら “It has been raining.” とは言えないと考えてもおかしくないですよね。

ところが、English Grammar in Useにはこう書かれています↓

We use the present perfect continuous for an activity that has recently stopped or just stopped.

“present perfect continuous” とは「現在完了進行形」です。これが上に出てきた「(今はしてないけど)少し前まで〜していた」の使い方ですね。

そして、現在完了形との違いとして、現在完了進行形はこうだと書いてあります↓

We are interested in the activity. It does not matter whether something has been finished or not.

終わっているのか、終わっていないのかは関係ないとハッキリ書いてあります。現在完了進行形は「今もずっと〜している」だけではなく、その影響を今感じ取れていれば「(今は〜してないけど)さっきまでずっと〜していた」も表すことができるんです。

現在完了進行形で表す「さっきまで〜していた」

この「さっきまで〜していた、少し前まで〜していた」は意外と使い道があります。

例えば、誰かを探していて、やっとその人を見つけた時に「ずっと探してたんだよ」と言うなら、

スポンサーリンク

  • I‘ve been looking for you.

と言えるんです。これを言っている時点では「探す」という行為はもう終わっているので「ついさっきまでずっと〜してた」のニュアンスが感じられますよね。

さらに続けて “Where have you been all day?(一日中どこ行ってたの?)” と聞いたら、

  • I‘ve been shopping.

という答えが返って来るかもしれません。これは「買い物に行ってたんだよ」ということになります。

また、友達がすごく疲れていたとしましょう。そんな時に「何してたの?」と聞くなら、

  • What have you been doing?

と言えるんです。今疲れ切っているのを見て「(今までずっと)何をしていたの?」というニュアンスですね。もしかしたら、

  • I‘ve been running.

という答えが返ってくるかもしれません。

さらには、待ち合わせをしていて自分が約束の時間に遅れて到着したら「ごめん!待った?」みたいに聞くことがありますよね。これも、

スポンサーリンク

  • Sorry! Have you been waiting long?

と言えますよ。「長いことずっと待ってた?」というニュアンスですね。

こんな感じで「(今はもうしてないけど)ついさっきまで〜していた」は日常生活の中でもよく出てくるので、この使い方はぜひ覚えておきたいですね。

■あれ?ここの文法ってどうだったっけ?と疑問に思った時、そのユニットだけ読み直して練習問題も解けば、着実に文法力がつくEnglish Grammar in Useはこちらで紹介しています↓

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次