「感動した」を意味する “I’m moved” と “I’m touched” の違い|1分英語

「彼は謙虚な人だ」って英語で何て言う?
「雨が降ってきた」って英語でなんて言う?
「この前はありがとう」を英語で言う落とし穴

スポンサーリンク

「感動した」と言いたとき、”I’m moved” や ”I’m touched” という言い回しを習ったことありませんか?

日本語なら「感動した」という言葉でさまざまなシーンで幅広く使えるんですけど、英語の場合は ”I’m touched” と ”I’m moved” で少しだけ使われるシーンやニュアンスが違ってくるんです。

“I’m moved” と “I’m touched” の違い

Hanging out some hearts (v.2.0)

“I’m moved” のニュアンス

“I’m moved” は ”moved” という単語からも分かる通り「心が動かされた」というニュアンスがあります。主に本や映画、ドラマなどなど何かを見て心を動かされた、感動した時によく使われます。

I was really moved by Toy Story 3.
トイ・ストーリー3で凄く感動しました

She was moved to tears by the kid’s performance.
彼女は子どもたちの演技を見て、感動し涙した

“I’m touched” のニュアンス

“I’m touched” は ”touched” からもわかる通り「心に触れる」をイメージしてもらうと「感動」というニュアンスを掴めるかもしれません。

“I’m moved” が本や映画など何か「物」の影響を受けて感動するのに対して、”I’m touched” は人や動物などが行った行動に対して感動した時によく使われます。

She was touched that her boy friend remembered her birthday.
彼女は彼氏が誕生日を覚えていたことに感動した

We were touched by the kindness of the stranger.
見知らぬ人の優しさに僕たちは感動しました

2つの心の動きは強弱が違う

またこれら2つの言い回しには強弱の違いがあります。

“I’m moved” は「心が動かされる」そして ”I’m touched” は「心に触れる」という日本語からもわかる通り、”moved” の方が気持ちが強く動いています。

日本語の場合、”I’m touched” は「感動した」という意味の他に「嬉しかった」と言い換えることができます。「嬉しかった」と「感動した」だと微妙な気持ちの強さに強弱の違いがありますね。

スポンサーリンク

そのため、上で紹介した例文 ”We were touched by the kindness of the stranger” も、「嬉しかった」という感情よりさらに強く涙するほど、心が揺さぶられるほどの感動の場合は ”We were moved …” という表現を使ってOKということです。

今日のまとめ

アレコレ書きましたけど、2つの言葉を覚えるとき ”I’m moved” は「感動した」そして ”I’m touched” は「嬉しかった」と覚えるとシンプルでわかりやすいかもしれません。

そうすると「本を読んだ時は…どっちだ?」とはならず、本を読んだ場合は感動することはあっても嬉しくなることはないので ”moved”、友だちが何かしてくれたときはその時の気持ちの強さで使い分けても良いですね。

繰り返しフレーズに触れて復習しましょう!

何かを覚えるとき、復習をすると学習効果がすごく高いそうです。
そこで、【1分英語】シリーズでは、「前回」「3話前」「10話前」に出てきたフレーズを穴埋め形式にして紹介していきます。

単語の最初の一文字目だけわかるようにしました。それと「 _ 」の数が単語の文字数になっています。なんだっけ…と思い出せないときはヒントとして使ってみてください。

前回からの出題

「わざとやったの?」を英語にしてみましょう。

Did you do it on p______?

「彼は意図的に何も知らないふりをした」を英語にしてみましょう。

He pretended not to know anything d___________

答えは「わざとやったでしょ?」を英語ではどういう? をご覧ください。

スポンサーリンク

3話前からの出題

「鼻水が出ます」を英語にしてみましょう。

I have a r____ nose

「鼻をかみたい」を英語にしてみましょう。

I want to b___ my nose

答えは「鼻水が垂れる」を英語でなんて言う?鼻にまつわる表現いろいろをご覧ください。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS