「歩きスマホ」「ながらスマホ」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

Pokémon Goが日本でサービスを開始した際に大きく取り上げられた「歩きスマホ」。

ポケモンだけでなく、メールやインターネットなども含めて、歩きながらスマホを操作することを「歩きスマホ」、何かしながらスマホを操作することを「ながらスマホ」なんて言いますよね。

略語ながらも、年配の方も含めて多くの人が知っている言葉だと思います。

そんな「歩きスマホ」や「ながらスマホ」、英語にもピッタリの表現はあるのでしょうか?

よく使われる「歩きながらメール」

近頃では「歩きスマホしている人」を表す “smartphone zombie” という言葉も出てきたようですが、実は英語には日本語の「歩きスマホ」を一言でズバッと表せる単語はありません。

とは言っても、スマートフォンが普及する前から、携帯電話でメールを打ちながら歩くこと自体は問題になっていました。文字を打つのに集中してしまって周りが見えなくなって危ないですからね。

そんな時によく使われていたフレーズは “texting while walking” です。

“text” については、先日の意外と盲点?「メールするね」を英語でというコラムで紹介しましたが「携帯でメールを送る」や「携帯電話のメール」を指します。

そして、”while” は「〜している間に、〜と同時に」という意味なので、”texting while walking” が「歩きながら携帯でメールをすること」になるんです。

スポンサーリンク

「ながらスマホ」は英語で?

「歩きながらメール」も「ながらスマホ」の一つですが、「ながらスマホ」もピッタリ表せる英単語はありません。

でも、”texting while walking” を応用すると、結構いろんなことが言えてしまうんです。

DSCF8819.jpg

例えば「歩きながらスマホ」は “use(look at) a/one’s smartphone while walking” で表せます。「スマホ」は “smartphone” とわざわざ言わずに “mobile/cell (phone)” や、単に “phone” と言うことも多いです。

そして「運転中に携帯でメールをする」は “text while driving”、メールに限らず「運転中に携帯を操作する」は “use a/one’s mobile phone while driving” と言えます。

運転中の通話は法律で禁止されているので、”It’s illegal to talk on the phone while driving” とも言えますね。

また、絶対にやってはいけませんが、ここ最近問題にもなっている「ポケモンGoをしながら運転する」は、”play Pokémon Go while driving” となります。

“text and drive” とも言えます

ここまでは “while 〜ing” を使った表現を紹介してきましたが、”while” ではなく “and” が使われることもあります。

例えば「歩きながらのメールは危険です」は “Texting and walking is dangerous” とも言えるんです。「運転しながらメールする」は “text and drive” となります。

なので、運転中の携帯電話の使用禁止を促す、こんなフレーズが書かれた看板もよく見かけます↓

Don't Text & Drive

“text and drive” は2つのことが同時に起こっているという意味で、”text and drive” でセットになったフレーズなので、否定文でも “not text and drive” になります。先日のコラムで紹介した、否定文で使う “or” との違いを確認してくださいね。

同じようにセットになったフレーズに “drink and drive(飲酒運転をする)” がありますが、これもよく使われます。

「歩きスマホ」「ながらスマホ」は危険です

「歩きスマホ」「ながらスマホ」は日本だけでなく、海外でも問題になっています。

歩きスマホをしながら誰かにぶつかってしまった時には “Look/Watch where you’re going!” と言われるかもしれません。これは「ちゃんと前を見て歩いて!」という意味なので、こちらも覚えておくといいですね。

今回紹介した “◯◯ while 〜ing(〜しながら◯◯する)” は応用の幅が広い表現なので、「歩きスマホ」に限らず、他の場面でも使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS