“Me too” で陥りがちな失敗例

お互いの名前を呼び合う大切さ
英語で話すときに多くの人が忘れていること
almostを使わずに「だいたい」って英語で言えますか?

スポンサーリンク

会話の中で、相手が言ったことに「私も!」と同調したい場合、どんな言葉を使いますか?一番に思い浮かぶのが “Me too” ですよね。

例文を挙げるまでもなく、言わずと知れた、誰もが知るフレーズです。

しかし、そんな便利な “Me too” も、あるシチュエーションで使ってしまうと、とっても変なことになってしまいます。

“Nice to meet you.”

話は変わって、こちらも今さら説明するまでもありませんね。
初めて会う人にはこう言いましょう、と英語の授業の最初のほうで習いました。

ちなみに、これは初めて会った時に言うフレーズで、そのあと、その人と話をしたりして別れる時には “(It was) nice meeting you” と言われることが多いです。別れる時に “It was nice to meet you” と言われることもありますが、会った時に “Nice meeting you” は使えません。

では、これを使って次の会話の例をみてみましょう。
Aさん:Nice meeting you.
Bさん:Me too!

相手に「お会いできてよかったです」と言われると、「私もお会いできてよかったです!」と返したくなりますよね。そんな時に口をついて出てくるのは、最初に挙げた “Me too” ではないでしょうか?

「私も!= Me too」で覚えている人も多いので、こう言いたくなる気持ちは本当によく分かりますが、ここはぐっとこらえてこう言ってみましょう。

“You too”

え?なんで “You” が出てくるの?「私も!」と言いたいのに “You too” だと「あなたも!」ってどうも気持ち悪くないですか?私も最初、この返し方にどうしても慣れなくて『ミ・・・ユートゥー』と、言っていました。

スポンサーリンク

dolphins

では、なぜこのシチュエーションだと “Me too” は使えないのでしょうか?
それは、文章の構造を見ていけば理解しやすいと思います。

相手は “It was nice meeting you” と言っているわけで、それに対する答えは “It was nice meeting you too” となります。「私もあなたにお会いできてよかったです」という意味ですね。

これが短くなって “You too” となります。なので、もしここで “Me too” と言うと、”It was nice meeting me too” という摩訶不思議な返答になってしまうワケです。

言い方は一つではない

“And you” や “And you too” といった返し方もあるので、絶対に何がなんでも “You too” と言わなくてはいけないということではありません。

“You too” はそっけなく聞こえるから使わないという人もいれば、”Likewise(こちらこそ)” と返してくる人もいますし、”Same here” と言う人だっているでしょう。

“It’s a pleasure to meet you” と言ってもらえたら、 “The pleasure is mine” と返すこともできますし、慣れるまでは自分から “Nice to meet you!” と積極的に話しかけて、相手が返してくるパターンを盗むというのも一つの手ですね。

いろいろ例を書いてしまうと「じゃあ、私なんて答えれば良いの…?」ってなっちゃいますよね。。

でも、一番大切なのは「あなたに会えて良かったよ」という気持ちと、ニッコリ笑顔です!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS