「食べ物にうるさい」って英語で何て言う?

“would you like” ネイティブは実際にこう使う
日本語にしにくい単語 “available”
相手が言っていることが聞き取れなかったら 2

スポンサーリンク

食べるものにこだわったり、よく選り好みをする人を「あの人は食べ物にうるさい」と言ったりしますよね。

食べ物全般に使うこともあれば「寿司にはうるさい」という表現をしたり、洋服や身に着けるものや男性・女性の好みに「うるさい」という使い方もします。

これって、英語でどうやって表現したらいいんでしょうか?

「うるさい」と言っても “noisy” ではありませんよ。

私が一番よく耳にする「うるさい」

これから紹介する表現は、私がニュージーランドに来て初めて聞いたものです。

ニュージーランドでは「◯◯にうるさい」といった表現をするときには、”fussy” が一番よく使われると思います。

「彼は食べ物にうるさい」という場合には、

“He is fussy about food”
“He is fussy about what he eats”

なんていう表現をよく耳にします。好き嫌いが多い人や、好みが難しい人を “He is a fussy eater” と表したりもします。

スポンサーリンク

その “fussy” とは、オックスフォード新英英辞典の意味によると、こうなっています。

fastidious about one’s needs or requirements; hard to please

“fastidious” なんていう単語、初めて聞きましたが「細心の注意を払う、気難しい、口うるさい」という感じの意味のようです。

“hard to please” は分かりやすいですよね。喜ばせるのが難しい、という意味です。

食べ物などの好みが「うるさい」といった場合には、とってもよく使われる “fussy” です。

こんな言い方もあります

他には “picky” という単語を使って表現することもあります。

“picky” をオックスフォード新英英辞典で引いてみると、

fussy and hard to please

と書いてありますが、こちらもよく耳にします。

動詞の “pick(入念に選ぶ)” から来ているのですが、”picky” も「好みがうるさい」を表現する場合に登場して、食べ物の好みがうるさい人・選り好みする人を “She is picky about food” と表現したり、好き嫌いの多い人・偏食の人のことを “a picky eater” と言ったりします。

Picky

他にも、男性・女性の好みが「うるさい」場合にも使います。

例えば、理想の結婚相手の条件を次々に挙げる人に向かって “You are so picky!” なんていうふうに言えますね。

辞書に載っている「うるさい」

私が持っている和英辞書で「うるさい(こだわりを持つ)」と引いてみると、一番最初に出てきたのは “particular” という単語でした。

“particular” という単語は、お店で店員さんに “Are you looking for anything in particular?” と聞かれる時によく耳にすると思いますが「特定の」という意味があります。

そしてこの “particular” も “about” を使うと、こだわりがあることを表せるんです。

例えば、”He is very particular about cleanliness” と言うと「ものすごくキレイ好き」や「潔癖性」というニュアンスになります。

洋服の好みがうるさい・こだわりが強い女性を表現するのに “She is particular about what she wears” なんていうふうにも使えます。

日常の会話で気軽に使える

細かいことに「こだわりがある」という良い意味でも使われますが、「好みや好き嫌いがうるさい」という、ちょっとネガティブな意味で使われることも多いです。

その場合は内容、前後の文脈や声のトーンなどで、どちらの意味か判断することになります。

ポジティブな「美食家・グルメ」と表現したい場合には “foodie” なんていう単語もあるので、こちらも参考までに覚えておくと、どこかで役に立つかもしれませんね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS