Home英語コラム

「熱中症」って英語で何て言う?

“call” の意味は「電話する」だけじゃない
会話によく出てくる “I mean” と “You mean” の使い方
「これ、どこにしまう?」「どこに置く?」を超簡単な英語で

スポンサーリンク

「熱中症」。毎年夏になると何百回も耳にするワードですね。

ここ最近もニュースで熱中症に注意を!という呼びかけをよく耳にしますが「熱中症」って英語でどう言うのでしょうか?

「熱中症」は英語で何て言う?

「熱中症」は英語で “heatstroke (heat stroke)” や “heat exhaustion” が一番近いと思います。

“heatstroke” が最も重症で、これになる一歩手前の状態が “heat exhaustion” です。”exhaustion” は「極度の疲労」という意味なので直訳すると「熱疲労」ですが、これも広い意味で「熱中症」と訳せると思います。

これらの “heatstroke” と “heat exhaustion” を英語で分かりやすく説明しているサイトがありました↓

If you spend a long time in a hot environment you can get heat exhaustion or heat stroke.
Heat exhaustion is when you become very hot and your body starts to lose water or salt, making you overheat. Heat stroke is when your body can no longer cool itself and your temperature becomes dangerously high.
(healthinfo.org.nz)

人間の体は熱を受けて熱くなると、汗をかいて蒸発するときに体から熱を奪いますが、”heat exhaustion” とは、体から水分や塩分が失われ始めてオーバーヒートした状態を言うんですね。

そして “heat stroke” はそれよりも症状が進んで、体がもう調節機能を失って、体温が危険なほど高くなった(40℃以上)状態です。

  • I got heatstroke and passed out.
    熱中症になって気を失った
  • I almost got heat stroke.
    熱中症になりかけた
  • You’re going to get heatstroke.
    熱中症になっちゃうよ!
  • I think she has heat stroke.
    彼女は熱中症になっているんだと思う
  • He was taken to hospital with heat stroke.
    彼は熱中症で病院へ搬送された

厳密に言うと “heatstroke” は「熱射病」で、”heatstroke” と “heat exhaustion” などを合わせた “heat illness” や “heat-related illness” が「熱中症」にあたると思うのですが、一般的には “heatstroke” や “heat exhaustion” のほうがよく使われる印象です。

スポンサーリンク

ちなみに「日射病」は英語で “sunstroke” と言いますよ。

「熱中症に気をつけて」って英語で何て言う?

この季節には毎日のように耳にする「熱中症に気をつけてね」というフレーズ。これって英語でどう言うのでしょうか?

上で紹介した “heatstroke” や “heat exhaustion” を使うと、

  • Watch out for heatstroke.
    熱中症に気をつけて
  • Be careful to avoid heat exhaustion.
    熱中症にならないように気をつけて

みたいに言うことができます。ただ、一語一句直訳するのではなく、日常生活では、

  • It’s going to be really hot today. Be careful out there.
    今日は暑くなるよ。気をつけて
  • It’s going to be a hot one. Stay hydrated and be careful.
    今日は暑くなるよ。水分補給をしっかりして気をつけてね

みたいに「暑いから気をつけて」だけでも十分に伝わりますし、実際によく使われています。

また「気をつけて」ではなく、具体的な予防策を「○○してね」と言うことも多いですよ。

  • Make sure you stay hydrated.
    水分補給をしっかりね
  • Make sure you drink lots of water when exercising.
    運動するときはたくさん水を飲んでね
  • Drink plenty of water so you don’t get heatstroke or heat exhaustion.
    熱中症にならないように水をたくさん飲みなさい
  • Stay out of the sun./ Stay away from direct sunlight.
  • Avoid the sun as much as possible.
    できるだけ直射日光を避けて
  • Close curtains to keep the sun out.
    直射日光が入らないようにカーテンを閉めて
  • Use a heat pump to cool your house.
    エアコンを使って家を涼しくして

暑さだけでなく湿度が高くても皮膚の表面から汗が蒸発しにくくなり、熱中症になりやすいと言われています。皆さんお気をつけください!

熱中症の症状を英語で言うと?

最後に、熱中症の症状を英語で言うときに役立ちそうな表現を少し紹介します。

スポンサーリンク

  • 頭痛:headache
    I have a headache. 頭痛がします
  • めまい:dizziness, feel dizzy
    I feel dizzy. めまいがします
  • 吐き気:nausea, feel nauseous
    I feel nauseous. 吐き気がします
  • 嘔吐、吐く:vomit, throw up
    He’s vomiting. 吐いています
  • 顔色が悪い:look pale
    You look pale. 顔色が悪いよ
  • 脱水症状:dehydration, be dehydrated
    You may be dehydrated. 脱水症状になってるかもよ
  • 足がつる:have/get a cramp in my leg/foot
    I have a cramp in my leg. 足がつっている

“heatstroke” はかなり重症で、体温調節機能が壊れて神経系や内臓にまで影響が出てくるので以下のような症状が見られます。こうなるとすぐに病院での治療が必要です。

  • 汗をかいていない:not sweat
    He’s not sweating. 汗をかいていない
  • 反応しない:not respond
    He’s not responding. 反応がない
  • 失神する:faint, pass out
    He fainted. 失神した
  • 倒れる:collapse
    He collapsed. 倒れた(卒倒した)
  • 意識がない:unconscious
    He’s unconscious. 意識がない

コロナで外出する機会が減って家にいる時間も増えると思いますが、家にいても気づかないうちに熱中症になることがあります。
水分をしっかりとって、ちょっとおかしいなと感じたら無理せずすぐに体を冷やしたり助けを求めたりして気をつけてくださいね。

■「暑い」のいろんな英語表現はこちら↓



■「熱がある」を英語で言うと?

■体調がよくない人に「無理しないで」と声をかける時のフレーズはこちら↓

■頭痛の「ズキズキ」「ガンガン」など痛みの種類の英語表現はこちらで紹介しています↓

■夏の外出に欠かせない「帽子」。英語で言うと?”hat” と “cap” の違いは何?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS