“I’m easy.” ってどんな意味?使い方は?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

“I’m easy.”
めちゃくちゃシンプルなフレーズですよね。直訳すると「私は簡単です」です。

直訳すると意味がイマイチ分かりにくいですが、実はわりとよく使われる表現なんです。

私がニュージーランドでよく耳にした “I’m easy.” の意味と使い方、そして同じ意味で使える別のフレーズも合わせて紹介します!

この記事の目次

“I’m easy.” の意味は?

“I’m easy.” はカジュアルな会話で使うフレーズです。

例えば、友達とカフェに行こうという話になったとしましょう。「カフェAとカフェBどっちがいい?」と聞かれて、あなたは特にこだわりがなくて「どっちでもいいよ」と答えたいとします。

そんな時に使えるのが、この “I’m easy.” です。

英英辞書の定義を見てみると、

(informal) used to say that you do not have a strong opinion when somebody has offered you a choice

Oxford Advanced Learner’s Dictionary

と書いてあります。何か選択肢を与えられた時に、特に強いこだわりはないですよと答えるときに使うんですね。

なので「どっちにする?」「どっちがいい?」「どれがいい?」「何がいい?」などと聞かれて、”I’m easy.” と答えると、

  • どっちでもいいよ
  • 何でもいいよ

となります。特にこだわりや希望はないのでどっちでも(何でも)いいですよ、とか、どれに(何に)決まっても私は構いません・気にしませんというニュアンスで、相手(もしくは他の人)に決定を委ねるフレーズです。

“I’m easy.” の使い方

基本的にはどんな「どっちでもいいよ」「何でもいいよ」と答えるようなカジュアルな場面で使えます。

“I’m easy.” だけでも使えますが、他の「どっちでもいいよ」「何でもいいよ」なんかを表す表現と一緒に使われることも多い印象があります。例えば、

  • Do you want to go out or stay in? −It’s up to you. I’m easy.
    「今夜は出かけたい?それとも家にいたい?」「君次第だよ。どっちでもいいよ」
  • Should we walk or take a taxi? −You decide. I’m easy.
    「歩いて行く?それともタクシーに乗る?」「君が決めて。どっちでもいいよ」
  • How do you like your eggs? Boiled or fried? −It doesn’t matter. I’m easy.
    「ゆで卵か目玉焼きどっちがいい?」「どっちでもいいよ」
  • What do you want to eat? −I don’t really mind. I’m easy.
    「何食べたい?」「何でもいいよ」
  • What movie do you want to watch? −Whatever you like. I’m easy.
    「どの映画見たい?」「何でもいいよ」

みたいな感じですね。「どっちでもいいよ。こだわりはないから任せるよ」「どちらでもいいよ。特に希望はないから決めてくれていいよ」みたいな場面で使えます。

“I’m not fussy.” も使える

“I’m easy.” と同じようなシチュエーションで使える「どっちでもいいよ」「何でもいいよ」が、

I’m not fussy.

です。”fussy” は以前に別のコラムで紹介しましたが「彼女は食べ物にうるさい」とか「洋服にうるさい」みたいな【こだわりがある】というニュアンスの「うるさい」を表す単語です。

  • She’s fussy about what she eats.
    彼女は食べ物にうるさい

この “fussy” を否定形の “not fussy” にすると「特にこだわらない」という意味で使えるんです。

  • Where do you want to go for lunch? −I’m not fussy.
    「ランチどこに行きたい?」「どこでもいいよ」

「うるさくない→こだわりはない→どっちでもいい、何でもいい」ということですね。初めて私がこの “fussy” の使い方を耳にした時、とても英語っぽい表現だなと思いました。こちらも私はよく耳にしましたよ。

その他の「どっちでもいいよ」の英語表現

以下のコラムでは「どっちでもいい」を表す英語フレーズとその使い方・ニュアンスなどを紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください。

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次