今日から使える!「どっちでもいいよ」を英語で言うと?

知っていると絶対に役立つ単語 “grab”
“Not to be taken” って、どんな意味?
「並んでますか?」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

「どっちでもいいよ」「どちらでもいいです」って普段の生活の中で、よく使いませんか?

「コーヒーと紅茶どっちがいい?」「どっちでもいいよ」
「映画見に行くの土曜日と日曜日どっちがいい?」「どっちでもいいよ」

何かとよく使う「どっちでもいいよ」ですが、これって英語で何て言うのでしょうか?

どんな時に使う?

この「どっちでもいいよ」は、以前働いていた職場でお客さんによく言われた言葉でした。

前の職場は温泉宿泊施設だったので、宿泊のお客さんに浴衣の貸し出しをしていました。
浴衣の色はお客さんが選べるので、例えば「白か緑どちらがいいですか?」と聞くと、お客さんはいろんな反応をするんです。

「えーっと…緑!」や「私は白で、彼が緑」、「とりあえず大きい方!」などだったらこちらも困らないのですが、

  • 「どっちでもいいよ」
  • 「どちらでもいいよ。あなたが選んで」

と言うお客さんも結構いたんです。
では、そんな時によく耳にした「どっちでもいいよ」の英語表現を見てみましょう。

一番よく使う「どっちでもいいよ」

私が一番よく耳にした「どっちでもいいよ」は、

スポンサーリンク

Either is fine.

です。

上の浴衣の色を選ぶ例では、3色以上オプションがある場合は “Any colour is fine” になりますが、2つのうちの「どちらでもいい」と言う場合には “Either is fine” になります。

日本語では「どっちでもオッケー」と言ったりするので、”Either is OK” も使えそうな気がしますが、こういう場面で “OK” を使う人はほとんどいません。

その理由は、英語の “OK” にはこんな意味があるからなんです。

satisfactory but not especially good(オックスフォード現代英英辞典

満足ではあるけど、特別よくもないというちょっとネガティブな意味なんですね。

なので “Either is OK” と言ってしまうと「どっちも特によくはないけど、別にどっちでも」というニュアンスに取られてしまうかもしれません。

そんなつもりじゃないのなら “Either is fine” がいいですね。

Which Should I choose?

スポンサーリンク

他にもある「どちらでもいい」

「どっちがいい?」と聞かれた時の「どちらでもいい」は、”Either is fine” 以外にもこんなフレーズで表せます。

  • It doesn’t matter.
  • I don’t mind.
  • I don’t care.
  • Whatever.

ですが、私は個人的には “I don’t care” と “Whatever” はあまり使わないようにしています。

この2つは「関心・興味がない」というニュアンスが強くなってしまうので「そんなのどっちでもいいよ」「どうでもいいよ」「なんでもいいよ」と冷たく聞こえてしまう可能性があります。
もちろんわざとそういうニュアンスを出したい時には使えますよ。

“It doesn’t matter” も私にはちょっと冷たい感じに聞こえるのですが、直訳すると「それはそんなに重要じゃないですよ、気にしませんよ」となって、ネガティブなニュアンスではありません。
これもよく使われる表現で「どちらでもいい」以外にも「どれでもいい」「なんでもいい」と言いたい時にも使えますよ。

言い方には要注意

「どっちでもいいよ」は、言葉のチョイスだけではなく、言い方やトーンにも注意したいですね。

日本語でも、ぶっきらぼうに「どっちでもいいよ」と言うと、相手には「どうでもいい」というように聞こえてしまうこともあります。それは英語でも同じです。

「どうでもいい」というニュアンスではなくて「自分が決めれないから相手に決めて欲しい」という場合には、”Either is fine” の後ろにちょっと付け足して、

  • Either is fine. You choose.
  • Either is fine. You decide.

というふうにも言えますよ。

スポンサーリンク

“OK” と “fine” の使い方

今回のコラムに登場した “OK” と “fine”。

単語自体はとってもよく知られていますが、意味を理解してきちんと使いこなせている人って、意外と少ないかもしれません。

両方とも日常会話でよく使われる単語なので、ニュアンスもきちんと理解して使えるようにしておきたいですね↓



こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS