Home英語コラム

“OK” の意味と使い方には要注意

「東京に2年間住んでいたことがある」って英語でなんて言う?
悪い知らせを言う時の前置き表現
「〜しましょうか?」に “Shall I” は使わない?

スポンサーリンク

“OK” という単語、どんな時に使っていますか?

日本語でも「オッケー」という言葉は浸透しているので、英語で使うときも難しいと思うことなくサラッと使えるのではないでしょうか。

でも、実は英語の “OK” は、日本語の「オッケー」が表す「了解」「いいよ!」という意味だけではなく、それほどポジティブではない場合に使われることも多いんです。

今回はそんな、ちょっと注意したい “OK” の意味と使い方のお話です。

“OK” の使い方いろいろ

英語で “OK” を使うシチュエーションを思い浮かべてみましょう。どんな時に “OK” を使いますか?

例えば、”Call me tonight” と言われたら “OK” と答えたりしますよね。

こんなふうに、同意する場合に “OK” を使います。これは日本語の「オッケー」と同じで「了解、いいよ」というニュアンスです。

他には「〜しても大丈夫(〜しても良い)」という意味でも “OK” は使われます。

something that is OK is acceptable and will not cause any problems
(ロングマン現代英英辞典)

ということですね。例えば、

スポンサーリンク

  • Would it be OK if I take tomorrow off?
    明日休みをとってもいいですか(許されますか)?
  • It’s not OK to use violence.
    暴力をふるうのは許されない

といった感じです。ここまでは日本語の「オッケー」からもイメージできる範囲内の “OK” だと思います。

では次に、日本語の「オッケー」のイメージとはちょっと違う “OK” の使い方を見てみましょう。

“OK” はポジティブな意味とは限らない

「オッケー」の意味を「いいよ=good」だと思い込んではいけません。
実は “OK” は、それほどポジティブではない意味で使われることも多い単語なんです。

Word OK written using jigsaw puzzle pieces

例えば、”How are you?” と聞かれて「調子いいよ」と答えたい場合に “I’m OK” と答えると「どうかしたの?」と聞かれるかもしれません。
その理由は、相手には「悪くはないよ、まぁ大丈夫だよ」というニュアンスで伝わってしまうからなんです。

あるいは、道を歩いていて目の前で人が転んだ場面を想像してみてください。

その人に “Are you all right?” と声をかけたら、”Yeah, I’m OK” と返されるかもしれません。これは「大丈夫だよ」という一見ポジティブな感じがしますが、それほどポジティブな意味ではありません。

また、試験を受けた後に友達に「どうだった?」と聞かれて “It was OK” と答えると、友達は「上手くいかなかったのかな…」という印象を持ってしまうでしょう。

なぜ “OK” を使うとそんなニュアンスになってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

“OK” が持つニュアンス

“OK” には「了解」「いいよ」といった意味以外にも、こんな意味があるんです。

not bad but certainly not good
オックスフォード現代英英辞典

悪くはないけど、良くもないといった意味でよく使われるのが “OK” なんです。日本語で言うなら「まあまあ」といったところでしょうか。

なので、ホストマザーが夕食を作ってくれて “How do you like it?(どう?)” と聞かれた場合に “It’s OK” と言ってしまうと、とても失礼になってしまいます。

褒め言葉として使ったり「良い」というニュアンスを全面に出したい時には “OK” は使えません

ちょっと紛らわしい “OK” の使い方

私は初めて耳にしたときに、意味が分からなかった “OK” もありました。

それはカフェで働いていたときに、”Would you like a plastic bag?(レジ袋いりますか?)” とお客さんに聞いたら

  • It’s OK.

と返されたり、持ち帰りのコーヒーを買った人に “Would you like sugar?” と聞いたときにも、”It’s OK” と言われることがありました。

“OK” が「了解」の “Yes” の意味で使われることもあるのでややこしいのですが、この場合の “It’s OK” は “No, thank you” の意味で使われています。

誰もが知っている “OK” という単語ですが、使われる場面・文脈によっては意味が変わってきます。「オッケー=良い」というイメージにとらわれないことが大切ですね。

スポンサーリンク

ちなみに、日本語の「オッケー」は「オ」を強く読みますが、英語の発音は/ˌəʊˈkeɪ/(アメリカ英語では/ˌoʊˈkeɪ/)なので、強く読む場所が違います。

また、”OK” は大文字で書きます。”okay” と書くこともありますが、小文字の “ok” ではないので注意してくださいね。基本的に口語で使うインフォーマルな表現なので、フォーマルな文書では避けるのが無難です。

■同じような意味で “all rightalrightもよく使われます↓

「どっちでもオッケー」に “OK” は使いません↓

■若者の間で流行っている “OK, boomer” の意味とは?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS