知ってると便利!「隔週ごとに」の表現

覚えておきたい “right” の使い方
「マンション」「一軒家」って英語で何て言う?
ゴールデンウィークのことを英語で話そう

スポンサーリンク

今回は、知っていると便利な、とてもイギリス英語らしい単語を紹介します。

「毎日」「毎週」「毎月」を表す英単語は簡単に思い浮かぶはずです。
では「隔週ごとに」「2週間ごとに」という表現はパッと言えますか?

コラムの後半では「1日おきに」や「4年ごとに」など、頻度を表す英語表現も復習してみましょう。

まずは簡単なところから復習

冒頭に出てきた「毎日」「毎週」「毎月」の英語表現から見てみましょう。

例えば、お店の営業時間を「毎日10時オープンです」と表す場合。
英語にすると「毎日」は “every day” も使いますが “daily” を使って “We open 10am daily” なんていうふうにも表現できます。

同じように「その雑誌は毎週発行されます」も “every week” 以外に “weekly” を使って “The magazine is published weekly” と言うことができます。

またまた同じように「毎月」も “every month” だけでなく “monthly” という英単語がありましたよね。

「ウィークリーマンション」や「マンスリーマガジン」など、カタカナでもよく目にすると思うので、この辺りは問題ないと思います。

では「2週間ごとに」「隔週ごとに」は英語で何と言うんでしょうか?

ニュージーランドでは2週間単位のものが多い

日本では多くのものごとが月単位で回っています。
例えば、お給料日も月に1回、家賃の支払いも月に1回ですよね。

スポンサーリンク

でも、ニュージーランドでは何かと2週間単位のものが多いんです。

私がニュージーランドで過去に働いた会社では、お給料が毎週払いか2週間払いでした。また、家賃も毎週払いか2週間払いが多いんです。

そんな時によく登場するのが、これから紹介する「2週間ごと」「隔週ごと」を表す単語です。フレーズではなく1つの単語です。

Kalender / calendar

その単語とは “fortnightly” です。

私がいま住んでいる家の契約書にも “Rent(賃貸料)” の欄に “To be paid in advance, fortnightly” と書かれています。

もともと “fortnight(2週間)” とは “fourteen nights(14夜)” から来たそうですが、この “fortnight” と “fortnightly” は特にイギリス英語圏でとってもよく使われる単語です。

「1日おきに」「4年ごとに」は英語で?

では、ここで頻度を表す英語表現の復習をしてみましょう。

まずは「1日おきに」です。「私は一日おきにジムへ行きます」は英語でどう表現しますか?

「1日おき」は “every other day” がよく使われて「私は一日おきにジムへ行きます」は “I go to the gym every other day” と言うのを一般的によく耳にします。他にも “every two days” や “every second day” とも言えなくもないですが、私はあまり耳にしない気がします。

また、この “every other” を使うと「隔週ごとに」も “every other week” と表すことができますね。

では、次に「4年ごとに」はどうでしょうか?
これは “every four years” と表すことが多いです。「◯年ごとに」の◯の部分が2以上だと “years” と、複数になるので注意が必要です。

そうすると「オリンピックは4年ごとに開かれます」は “The Olympic Games (=The Olympics) are held every four years” ですよね。

また、”every” を使うと「隔週ごとに」も”every two weeks” や “every fortnight” とも表せます。

いざという時のために

私が英語圏で生活するようになって思ったことは、頻度を表す英語表現って結構よく使う、ということです。

人と話していると「旅行は半年に一回ぐらい行くよ」や「お酒は3日に1回ぐらい飲むよ」など、自分の習慣やスケジュールを話す時に避けては通れないのが、頻度を表す表現です。

いざという時に「えーっと・・・何だったっけ?」とならないように、自分の習慣を英語で言ってみて練習しておくと焦らないで済みますね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS