話す時に意識したい、ちょっとした英語の基本

「お水で結構です」って英語でなんて言う?
覚えておきたい “right” の使い方
“rather” ってどんな意味?どう使う?

スポンサーリンク

今日は、英語の基本を少しおさらいしてみたいと思います。

ひとくちに基本と言っても色々ありますが、今回取り上げるのは、英語で話す時に日本人がついつい陥ってしまう、あるパターンを取り上げたいと思います。

例えば、次のような会話があったとします。あなたならどんな英語にしますか?

「あなた、車持ってる?」
「ううん。私は持ってないけど彼氏が持ってるよ」

分かっていても間違ってしまう

冒頭に出てきた会話、どんな文章にしましたか?

まずは「あなた、車持ってる?」は “Do you have a car?” ですよね。ここまでは簡単です。では、次の「ううん。私は持ってないけど彼氏が持ってるよ」は、どうでしょうか。

“No, I don’t. But my boyfriend has a car”

としましたか?これでも間違いではありません。でも、会話ではもっとスッキリした答えが使われることが多いんです。

“has a car” という部分を繰り返して言わずに “No, I don’t. But my boyfriend does” がナチュラルに響きます。この最後の “does” 一つで「車を持っている」を表してしまうんですね。

スポンサーリンク

こんな “does” の使い方も習ったような気がしますが、スピードの早い会話の中ではそれを忘れてしまって “my boyfriend has a car” のように繰り返してしまう、ということもよくあります。

“mine”、”yours” なども上手に使おう

同じ言葉の反復を好まないスッキリした文章、というのも英語の大きな特色です。

では、次の会話を英語にしてみましょう。家族が家に帰ってきた場面を想像してみて下さい。あなたならどう答えるか、考えてから読み進めて下さいね。

「今日はどうだった?」
「忙しかったよ。あなたは今日どうだったの?」

これもシンプルな会話です。難しい単語はどこにも出てきそうにないですよね。

「今日はどうだった?」は “How was your day?” でいいですよね。家に帰ってきた家族によく言うセリフです。続いて「忙しかったよ」は “Busy” でもいいし、すごく忙しければ “Hectic” と答えてもいいですね。

最後の「あなたは今日どうだったの?」は “How was your day?” と繰り返してもいいですが、”How was yours?” なんていう言い方もとってもよく使われます。

“your day” と、相手が言った言葉を繰り返さずに “yours” でスッキリ表すところに、英語っぽい特徴がよく出ていると思います。

歌の歌詞にもありました

少し前に流行った、Olly Mursという人の『Up』という曲をご存じですか?

以前、“really” は使う位置に要注意!というコラムでも紹介したDemi Lovatoという女性シンガーとコラボしてヒットしたのが、この『Up』ですが、その曲の中にも言葉を反復せずにスッキリさせている歌詞があります。

「橋を架けよう。君の方から僕の方に」という歌詞が出てくるので、どんな表現をしているか聞いてみて下さい。(1分38秒あたりですが、少し前から再生されるようになっています)

この曲はテンポも早すぎないので、英語がわりと聞き取りやすいですね。
“So let’s build a bridge, yeah. From your side to mine” という歌詞が聞き取れましたか?

日本語では「君の方から僕の方に」と言いますが、英語では “From your side” と言ってしまった後は “to my side” ではなくて “to mine” で片付いてしまうんですね。

ちょっとしたところをブラッシュアップ!

今回紹介した《言葉を反復させないスッキリした話し方》は、必ずしも使わなければいけない、ということではありません。

言葉が反復しても、言いたい意味は相手にちゃんと伝わります。

でも、削れるところは削ってスッキリ話した方が会話がスムーズにいく、ということもあるので、ちょっとした部分を意識してみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS