Home英語コラム

“busy” を使わずに「忙しい」を英語で言うと?

「大きい」と関係ない “at large” の意味とは?
「新入社員」「新人」って英語でなんて言う?
“a/an” と “one” って何が違う?

スポンサーリンク

「忙しい」という言葉、日本語でも英語でもよく使いませんか?

「最近どう?」「仕事で忙しいよ」なんていう会話だったり、何で忙しいかを言わずに「最近ちょっと忙しくて」とだけ言ったりすることもありますよね。

何かとよく使う「忙しい」ですが、いつも “busy” ばかり使っていませんか?

もちろん “busy” でもいいのですが、たまにはちょっと違う言い回しをしてみませんか?

“have a lot” で表す「忙しい」

“busy” を使わない「忙しい」って、どんな表現を思い浮かべますか?

まずは、難しく考えずにこんな簡単な言い方ができます。「忙しい=することがたくさんある」なので、

  • I have a lot to do.
  • I have lots to do.
  • I’ve got a lot to do.
  • I’ve got lots to do.

などは、シンプルですがよく使う表現です。

  • I have so much work to do.
  • I’ve got so much work to do.

なども「仕事が忙しい」と言いたい時に使えます。

スポンサーリンク

これらを使うと、”busy” と言わなくても、結果的に忙しいことを伝えられますよね。
難しい単語を使わなくても簡単に言い換えができてしまいました。

“hectic” で表す「忙しい」

他には、”hectic” という単語もよく使われます。
“hectic” とは英英辞書によると、

very busy; full of activity
オックスフォード現代英英辞典

とあるように、ただの「忙しい」ではなく「ものすごく忙しい」「目が回るほど忙しい」というニュアンスで使われます。使い方は、

  • It was a hectic day.
  • I’ve had a hectic week.
  • Things have been hectic.

または “hectic life” や “hectic schedule” のように、”busy” とほぼ同じように使われます。

ただし、一つだけ気をつけなければいけないことがあるんです。

“busy” と違って “I’m hectic” とは言いません。それが “hectic” の注意点です。

“tied up” で表す「忙しい」

その他には “be tied up” という表現も「忙しい」を表します。

“tie” には「縛る、結びつける」といった意味があります。
ネクタイは首の周りで結ぶものなので “necktie” ですね(英語では単に “tie” と呼ぶことが多いです)。

スポンサーリンク

その「縛る・結びつける」イメージから、”be tied up” で何かに「縛り付けられる→手が離せない、身動きが取れない」というニュアンスになります。
なので、仕事が長引いて待ち合わせに遅れてきた人が、

  • Sorry. I got tied up at work.
    仕事が忙しくて終わらなくて…

という感じでよく使います。

誘いを断る時の「忙しいので…」

他にも「忙しい」は、何かに誘われたけど断る場合にも使いますよね。

例えば「今日の夜、飲みに行かない?」と誘われた時。

まだやらなきゃいけない仕事がたくさんあって行けない、というような場合には、

  • I’m sorry but I can’t. I still have a lot to do.
    ごめん、行けない。まだやることがたくさんあるんだ
  • I’d love to, but I’m working late tonight.
    ぜひそうしたいんだけど、今夜は遅くまで仕事してるんだ

も結果的には「忙しい」ということを言っているのですが、”busy” を使わなくても表現できてしまいます。

とは言え “busy” はよく使う

今回のコラムでは “busy” を使わない表現を紹介しましたが、そうは言っても “busy” は日常会話の中で使う頻度のとても高い単語だと思います。

久しぶりに会った人に “How have you been?” と聞いたら “I’ve been busy” や “Good. Work’s been busy” と返ってくることもあります。

また、電話での「今ちょっと忙しいからかけ直していい?」も “I’m busy right now. Can I call you back?” というふうに、生活の至るところに “busy” は登場します。

スポンサーリンク

なので、”busy” を使わないようにしよう、ということではありません。
普段使い慣れている表現をちょっと違うもので言えるようになったら、表現の幅が少しずつ広がっていくと思います。

■”I have a lot to do.” という例文が出てきましたが、”a lot” と “much” の使い分けはこちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS