“much” と “a lot of”、”lots of” の違いは?どう使い分ける?

覚えておきたい!ショッピングで使う定番の英語表現
“nearly” の意味は?”almost” とどう違う?
「電車」ではない “train” の意味とは?

スポンサーリンク

先日は【数えられる名詞】と一緒に使う “much” と “a lot of”、”lots of” の違いを紹介しました。

そこで今回は【数えられない名詞】と一緒に使う “much” と “a lot of”、”lots of” の使い分け について、基本をおさらいしたいと思います。

また、副詞の “much” と “a lot” についても紹介します。

“much” と “a lot of” の使い分け

“much” は【数えられない名詞と一緒に使う】と刷り込まれたと思います。
でも、これも “many” と同じく、肯定文の場合にはちょっと注意が必要で、

  • I have much money.
  • They have much information.
  • There’s much traffic.

とは普通は言いません。

“many” の場合は肯定文で使っても違和感とまでは言えないと思うのですが、”much” の場合は上のように肯定文で使うと、かなり違和感があります。そこで普段の会話では、

  • I have a lot of money.
  • They have a lot of information.
  • There’s a lot of traffic.

のように、”a lot of”、もしくはもっとくだけた “lots of” を使うのが一般的です。

スポンサーリンク

“much” を使うのはどんな時?

“many” と同じように、”much” も否定文でよく使われます。例えば、

  • I haven’t got much change.
    私はあまり小銭を持っていません
  • We don’t have much time.
    私たちはあまり時間がありません
  • There isn’t much difference.
    あまり違いはありません

のような感じですね。”not” と組み合わさって「あまりない」を表します。

復習になりますが、”much” の後ろには必ず【数えられない名詞】が来ます。”time” は「1分、2時間」のようになら数えることはできますが、”I have a time” と言うことはできませんね。

Taipei Time

さらに、これまた “many” と同じように “so” “too” “as” などと一緒に使う時には “a lot of / lots of” ではなく、必ず “much” になります。

  • I’ve wasted so much money on crap.
    くだらないものにたくさん無駄遣いしてしまった
  • Eating too much sugar is bad for you.
    砂糖の摂り過ぎは良くないよ
  • Take as much time as you need.
    必要なだけ時間をかけていいですよ

副詞の “much” と “a lot”

前回のコラムで紹介した “many” と今回紹介している “much” は「たくさんの」を表す場合の使い方はとてもよく似ています。

ただ、”much” は副詞として使われることも多い単語です。これは “many” にはない特徴ですよね。そこで最後に、副詞として使われる “much” と “a lot” を見てみたいと思います。

例えば、こんな2つの文章があります。

スポンサーリンク

  • He doesn’t talk much.
    彼はあまりしゃべらない
  • He talks a lot.
    彼はよくしゃべる

実はこんな場合にも “much” は否定文で使われることが多く、肯定文では “a lot” が使われます。

  • I don’t travel much.
    私はあまり旅行しません
  • I travel a lot.
    私はよく旅行します

のような感じですね。こちらも日常会話でよく出てくる使い方なので、覚えておくと役に立つかもしれません。

■”many” と “a lot of / lots of” の使い方、使い分けはこちら↓

■”plenty of” で表す「たくさんの」は、ちょっと特徴があります↓

■副詞の “much”。ネイティブは口語で「だいたい」を表す時にもよく使います↓

基本の文法をおさらい

以下のコラムでは、基本の文法だけど間違えやすいものを紹介しています。気になるものがぜひ読んでみてくださいね!

■「◯年前に」「◯日前に」のような「〜前に」の表現、きちんと使い分けていますか?

■逆に「◯日後に」「◯時間後に」のような「〜後に」の表現も間違えやすいです↓

スポンサーリンク

■”will” と “be going to” の違いは?

■”have to” と “must” の違いとは?

■「〜できますか?」に “Can you 〜?” ばかり、使っていませんか?

■日付や時間を表すときの前置詞の “in / at / on” が混乱しがちな方に↓

■文章の中で数を書く時のルール。意外と知られていません↓

■今さら聞けない?アポストロフィの正しい使い方をまとめたコラムはこちら↓

■1つの単語に形容詞がいくつも付く場合、どんな順番で並べていますか?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS