覚えておくと役立つ、こんな “get” の使い方

日常会話でよく耳にする 動詞の “sort”
覚えておきたい “right” の使い方
“what” を上手に使って表現力アップ!

スポンサーリンク

“get” と言えば誰でも知っている、英語の中でもとっても基本的な動詞ですよね。

でも、そんな簡単な基本の動詞に限って、たくさんの使い方があったり、いろんな意味を表すことができたりするので、使いこなすのが大変だったりもします。

今日は、私がニュージーランドでとってもよく耳にする “get” の使われ方を1つ紹介したいと思います。

“you” を “get” する???

まずは私が日常生活でとってもよく耳にする文章に、こんなものがあります。

“Can I get you to sign here?”

これは、宅配便の受け取りの時や、銀行や病院などで書類にサインをする時によく言われます。

“Can I get you to fill in this form?”

これも何かの申し込み用紙や書類を記入する場面、ホテルなどの宿泊施設でチェックインの際に記入するフォーム(用紙)を渡されながら言われることが多い表現です。

この2つの文章を見ると、両方とも “get you to 〜” という形が使われていますが、これってどういうニュアンスなのでしょうか?

スポンサーリンク

使役動詞の “get”

上の2つの “get” の使い方は、テキストなどにはよく《使役動詞のget》と書かれています。

でも、使役動詞と聞いただけで何となくイヤになってしまいませんか?

私はこういった文法の用語を使うのがあまり好きではないので、今回は使役動詞という言葉は使わずに、この “get” の使い方を紹介したいと思います。

まずは、上に出てきた文章をザックリ訳すと、こんなふうになります。

“Can I get you to sign here?(ここにサインしてもらえますか)”
“Can I get you to fill in this form?(この用紙に記入してもらえますか)”

Application - glasses - pen
© Flazingo Photos

ここで今度は、英英辞典を引いてみましょう。オックスフォード現代英英辞典の “get” にはこう書いてあります。

to make, persuade, etc. somebody/something to do something

説得して誰かに何かをさせる、というイメージですね。

例えば “I’ll get John to help you” は「ジョンに手伝わせるよ」、”I couldn’t get her to do it” は「彼女にそれをさせることはできなかった」ですが、そこには説得するなどして働きかけてさせる(た)、というニュアンスが含まれています。

そんなに大袈裟な説得でなくてもいい

でも、最初に出てきた「サインしてもらえますか?」「用紙に記入してもらえますか?」という例文を思い出してください。

そんな「説得してどうにかしてもらう」という程のものではないですよね。

基本的には「説得して〜させる、してもらう」という意味ですが、実際には「〜してもらう」「〜してもらえますか?」といった場合にも使われています。

そもそも “get” は “get old(年をとる)” や “get famous(有名になる)” といった使い方のように《状態の変化を表す》単語ですよね。

なので、この「〜させる・してもらう」の “get” も、説得したり、お願いしたり、促したりという何らかの働きかけがあって、そうさせる・そうさせるように持っていく、といったニュアンスになります。

「〜してもらえますか?」でもよく使われる “get”

繰り返しになりますが、日常の会話の中では、説得というほどのものではない「〜してもらう・してもらえますか?」という場合にも、この “get” がよく使われています。

その場合には “I’ll get you to 〜” や “Can I get you to 〜?” というフレーズでよく登場するので、覚えておくと役に立ちますよ!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS