使役動詞の “let” の意味と使い方

「足」で表す?英語で身長を表す方法
“tell” の絶対に覚えておきたい意味「分かる」
ネイティブは「おととい」「あさって」を英語で何て言う?

スポンサーリンク

使役動詞というのを学校で習ったのを覚えていますか?

“make”、”let”、”have” の3つで、誰かに「〜させる」や「〜してもらう」を表す場合に使われると習ったと思います。

それぞれの単語が持つニュアンスは違うのですが、日本語に訳すと同じになってしまうので、この3つの使い分けに苦労している人も多いかもしれません。

また、意味は分かっていても、実際に使いこなせているかというと「あまり使えてないなぁ…」という方もいるかもしれませんね。

そこでまず今回は “let” の意味と使い方をおさらいしつつ、知っているとちょっと役に立つフレーズを紹介します!

使役動詞の “let” の意味は?どう使う?

“let” は【許可】と覚えている人も多いかもしれません。

確かに【誰かが何かするのを許可する】という意味での「〜させる」を表すのが “let” で、口語でとってもよく使われます。例えば、

  • My brother let me drive his new car.
    兄は新しい車を私に運転させてくれた(私が運転することを許した)
  • My parents wouldn’t let me watch TV when I was a kid.
    私が子どもの頃、両親は私にテレビを見させなかった(私が見ることを許さなかった)

みたいな例文がよく載っていたりします。「let +目的語+動詞の原形」ですね。

スポンサーリンク

強制的に「させる」のではなく、誰かが何かしようとするのを「させる」や、何かしたいことを「させる」のが “let” です。

ただ「〜させる」「許可する」というとちょっと上から目線な印象を受けるかもしれないので、人が何かするのを「止めない=させる」というイメージで捉えると分かりやすいかもしれません。

では、”I can’t let you do that.” ってどんな意味になると思いますか?

“I can’t let you do that.” の意味とは

使役動詞の “let” を使ったこの、

  • I can’t let you do that.

は、口語で使われるフレーズです。以前ニュージーランドで話題になった以下の動画に、このフレーズが幾度となく出てきます。

動画のシチュエーションを簡単に説明すると、ニュージーランドのあるスーパーで、1人の女性が2歳の自閉症の息子とレジに並んでいました。その子はだんだん落ち着きがなくなり、帽子や靴を脱ぎ捨て始めます。

すると、たまたま隣のレーンで会計をしていた年配の男性客が、その子をあやしたり、靴を拾ってくれたり、優しく話しかけてくれました。

その後の女性と年配男性との会話がこちらです↓

母親はこの男性の行動が嬉しくて感激して「あなたの買い物を支払いたい」と男性に言ったんですね。

スポンサーリンク

それに対する男性の答えが、

No way! That’s a fortune there. No, I can’t let you do that.

です。たくさん買い物をしているから、”I can’t let you do that.” と断ったんですね。

女性は何度も “I’ll pay for it” と食い下がり、男性は “I can’t let you do that” と繰り返しますが、結局は男性が折れて、女性が支払いを済ませました。

“I can’t let you do that” は、親切なオファーを丁寧に断るときによく使われるんです。

“let” は親切なオファーを断るときにも役立つ

17/365

“I can’t let you do that” は直訳すると「あなたにそれをさせることはできない(許可できない)」ですね。

このままの意味でも使われることもあります*が、上の動画のように、人からとても親切なオファーを受けて「そんなことしていただくわけにはいきません」と断るような場面でもよく使われるんです。

例えば誰かと食事に行って、おごられる必要もないのに「今日はおごるよ」と言われた時などですね。

私が初めてこの使い方を知った時に「頭で考えて出てくる表現ではないなぁ…」と思ったのを覚えています。
「あなたが〜するのを “let” できない」なんて、とても英語っぽい表現だと思いませんか?

スポンサーリンク

ここでも “let” は【止めようとしないでそうさせる、流れに逆らわない】というイメージを思い浮かべると理解しやすいのではないかと思います。

* “I can’t let you do that” が「それは許可できない」というそのままの意味で使われる場合は “I’m sorry” や “I’m afraid” が前にくっつくことが多いです。

“let” のニュアンスおさらい

「let=〜させる、許可する」と暗記するのではなく、人が何かすることや物事がそうなろうとしているのを「止めようとしないでそうさせる」という流れに逆らわないイメージで捉えるのって、結構大切なのではないかと思います。

そうすると、”Let it be” や “Let it go” なんかもしっくりきますよね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS