“done” を上手に使っていますか?

“go to the school” は間違いじゃない?
相手が言っていることが聞き取れなかったら1
「無料の」「タダの」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

以前に“finish” を使わずに「終わらせる」を英語でというコラムを書きました。

そこでは “get ◯◯ done” という表現を紹介しましたが、この “done” という単語は会話のなかでとてもよく使われる単語なんです。

今回は、そんな “done” に焦点をあててみたいと思います。

“done” って何?

「”done” って何?」と聞かれたら「”do” の過去分詞形」と答える人が多いと思います。学校の授業では “do-did-done” のように教わりましたよね。

例えば、こんなふうに使います。

何かをやろうとして色んな方法を試してみたけど、うまくいかなくて他の人にお願いするような時。その人がやろうとしている方法を見て「それ、もうやったんだけど(ダメだったよ)」と言う場合には、”I’ve done that” がよく使われます。

「それ、もうやったよ」を直訳して “I did it” と言いたくなりますよね。

でも、こういう場合にネイティブがどんな表現をするのか注意して聞いていると、圧倒的に “I’ve done that” のように “have done” を使う人が多いんです。

こんなふうに “have + done” の形で使われる “done” もありますが、実はもっともっとよく使われる “done” が他にあるんです。

スポンサーリンク

“be + done” で表す「済んだ」

よく使われるのは、”be + done” という形で使われる形容詞の “done”です。では、実際にはどんなふうに使われるのでしょうか?

例えば、私が図書館でコピー機を借りた時にはスタッフのお姉さんに “Let me know when you’re done” と言われました。これは「終わったら教えてね」ということです。

さらに、カフェなどのカジュアルなお店では、食べ終わったお皿やカップを下げるときに “Are you done?” と聞かれることもあります。

そして、学生さんなら “I’m done with my homework(宿題を終えた)” という使い方も覚えておくといいかもしれません。

こんな “done” の使い方はオックスフォード現代英英辞典には、

finished; completed

と定義されています。「済んだ」というニュアンスですね。

日本語でも食器を下げる際に「お済みですか?」と聞かれることがありますよね。そう考えたら簡単に使いこなせそうな気がします。

でも、私は “done” の使い方でちょっと興味深いことに気付いたんです。

“done” の主語がオモシロイ

先ほど紹介した “done” の使い方は、日本語から英語にしやすいと思います。

「あなたが終わったら」→ when you‘re done
「私は宿題を終えた」→ I‘m done with my homework

英語にするときに、主語がパッと思い浮かびますよね。でも、実は日本語で考えた場合と主語が違うなぁ・・・ということもあるんです。

先日、歯の詰め物が取れてしまったので、歯医者に行った時のことです。治療中に口を開けっ放しで「しんどいな・・・」と思っていると、タイミング良く先生が「もうすぐ終わりますよー」と言ってくれました。

これを英語にすると、どうなると思いますか?
“It’s almost done” と言いたくなりますが、先生はそうは言わなかったんです。

she loves the dentist

先生が言ったのは “We‘re almost done” でした。

他にも、友達の家に行った時に家の前が道路工事中でした。私が帰る時に、友達が外をチラッと見て「もう(工事は)終わったかしら」と言ったのですが、それも “I wonder if they‘re done” だったんです。

必ずそうなるとは限りませんが、”done” は主語が人になることがとても多いように思います。

こんなふうにも使える!

最後にもう一つ、役立つ “done” の使い方を紹介しておきましょう。

こんな場面を想像してみてください。郵便局の作業台にボールペンが備え付けられていることって多いですよね。そのペンを使いたいけど、他の人の近くにあってまだ使っているのか分からないような場合。

そんな場合には日本語で「使ってますか?」や「これ、使ってもいいですか?」と尋ねますよね。なので、英語にすると “Can I use the pen?” などと聞くことが多いかもしれません。

もちろんそれでもいいのですが、こんな場合には “Are you done (with the pen)?” と聞けばいいんです。

他にも、ATMや駅の券売機などで前の人が使い終わったのか、まだ使いたいのかよく分からない場合には、ひとこと “Are you done?” で解決できます。

これまであまり “done” を使いこなせていなかった、という方も簡単でシンプルな表現なので、ぜひ使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS