カタカナ英語とはイメージが違う単語 “gorgeous”

“want” を使わずに「〜したい・したくない」
「その時、それから」だけじゃない!”then” の使い方
“lucky” と「ラッキー」は同じじゃない?

スポンサーリンク

このシリーズでは、カタカナでもすっかり浸透している英語なのに、本当は意味がちょっと違うという単語を紹介しています。

これまでにもいくつか紹介してきましたが、今回は “gorgeous” を取り上げたいと思います。

日本語でもおなじみの「ゴージャス」、英語の “gorgeous” とは実はちょっと違うんです。

日本語の「ゴージャス」

「ゴージャス」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?

日本語で「ゴージャス」といえば、ゴージャスなホテル、ゴージャスなパーティー、ゴージャスな生活、のように何かを形容することもあれば、「今日はちょっとゴージャスに焼き肉!」のように「ゴージャスな気分」という使い方もしますよね。

そこに共通するイメージはどんなものでしょうか。

高級な・豪華な・ぜいたくな

をあらわすのが、日本語の「ゴージャス」ですよね。華やかさやお金といったものを連想させます。

では、英語の “gorgeous” はどう違うのでしょうか?

英語の “gorgeous”

上ででてきたような日本語の「ゴージャス」の意味が英語にはないかというと、実はそうでもないのです。

スポンサーリンク

ためしにジーニアス英和大辞典で “gorgeous” をひいてみると、こんなふうに書いてあります。

豪華な、華美な、華麗な

と、日本語の「ゴージャス」のイメージがそのまま当てはまります。
でも、いつものようにオックスフォード英英辞典をひいてみると、実はちょっと違うことが書いてあるのです。

(informal) very beautiful and attractive; giving pleasure and enjoyment

そして、そこでsynonyms(同義語)として挙げられているのは、こんな単語たちでした。

pretty, handsome, attractive, lovely, good-looking

華やかさやお金というイメージはどこにもないですよね。

“gorgeous”、どう使う?

“gorgeous” は、人に対して “You look gorgeous!” のように使うと、服装や髪型などを褒めて「すっごくステキだね!」といったニュアンスになります。異性に対して “He’s gorgeous” というと、セクシーという意味にもなります。

また、人以外に使われているのもよく耳にします。
“giving pleasure and enjoyment” という定義にもあるように、「素晴らしい!」という意味で使われることも多いんです。例えば、

  • What a gorgeous view!
    なんていい眺めなの!
  • The weather was gorgeous!
    素晴らしい天気だったよ!

のような感じですね。

nicci-beach

こうなると、高級な・豪華なという日本語の「ゴージャス」の意味とはだいぶ違ってきますが、これが英語の “gorgeous” の本質をよくあらわしているように思います。

“gorgeous” が必ず使われる、こんな場合

そして、最後に忘れてはいけないのは、英語には必ずと言っていいほど “gorgeous” であらわすものがあるんです。

それは、赤ちゃん。

私も自分の子を抱っこして外出したら、必ずと言っていいほど耳にします。見知らぬご婦人方がウチの子に向かって “You’re gorgeous! Absolutely gorgeous!” と声をかけてくれるんです。

何もウチの子が特別ゴージャスなわけではなく、これが英語で赤ちゃんを褒めるときの定番の言い方なのです。

英語で “gorgeous” を使うときは、日本語との意味の違いを意識してみてくださいね。そして、みなさんも赤ちゃんを見たら “cute” 以外に、この “gorgeous” もぜひ使ってみてください!

【カタカナ英語とはイメージが違う単語シリーズ】はこちらからご覧いただけます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS