会話で役立つ “That’s what 〜” をマスターしよう!

思い出せない時に使う「〜だっけ?」を表す方法
世界のあんな街こんな街、英語で何て言う?
「痛い」って英語で言えますか?

スポンサーリンク

今日は、私が先日カフェで体験したことをもとに、会話で役立つフレーズを紹介したいと思います。

そのフレーズとは、タイトルにもある通り “That’s what 〜”。

これだけでは「何のこっちゃ?」ですよね。でも、実際に会話でこれほど役に立つフレーズは他にないと言っていいほど、とても使い勝手がいいんです。

ネイティブもよく使う、”That’s what 〜” が今日のテーマです。

「そのためにお金を払ってるんだよ」

私には1歳になる子供がいるのですが、その子を連れて近くのカフェで友人たちとお茶をしていました。

その友人たちも同い年の子供がいて、さて帰ろうかと席を立った時には、子供たちの食べこぼしたお菓子が散乱してしまっていました。できるだけ拾って片付けたのですが、それでも細かいものまでは取りきれませんでした。

そこで店を出る前に、近くにいたオーナーの男性に “Sorry, we’ve made such a mess” と声をかけたところ、「気にしなくて大丈夫。そのために君はお金を払ってるんだよ」と笑顔で返してくれました。

オーナーさんはいつも笑顔が素敵な年配の方なのですが、私は彼の一言にかなりホッコリしました。

では、この「そのために君はお金を払ってるんだよ」を英語で言うと、あなたならどんなふうに表現しますか?

スポンサーリンク

会話で頻出!”That’s what 〜”

「君は = you」「〜の代金としてお金を払う = pay for」「それ = that」で “You’re paying for that” でも悪くないのですが、オーナー男性が言ったのは少し違うんです。

彼は “That’s what you’re paying for” と言ったんです。ここで “That’s what 〜” が出てきましたね。

この “what” は「〜するもの(こと)」という意味で使われていて、”That’s what 〜” で「それが〜なもの(こと)だよ」というのが直訳になります。

この例で言えば「それが君が代金として払っているものだよ」ということですね。

In a mess

日本語に直訳してしまうと何だかぎこちない感じがするのですが、”That’s what 〜” はとても英語っぽい表現だと思います。

これは主に会話の中で相手の話を受けて使われるのですが、この例で言うと “You’re paying for that” ではなく “That’s what you’re paying for” にすることで「それが(まさしく)〜なんだよ」といったニュアンスが出ます。

主語を “That” で受けているので、会話の流れを断ち切らずにスムーズな流れになるんですね。さらに、スッキリした言い回しでリズムもいいので、口語ではめちゃくちゃよく使われるんです。

では、他にはどんな使い方があるのか、もう少し詳しく見てみましょう!

“That’s what 〜”「それが〜なもの(こと)です」

相手の話したことを受けて使うというシチュエーションで、思い付いたものをちょっと挙げてみましょう。

  • That’s what I thought.
    それが私が思ったことなんだよ(私もそう思った。やっぱりね)
  • That’s what I’m thinking.
    それが私が思っていることです(私もそう思うよ、同じこと考えてるよ)
  • That’s what I’m trying to say.
    それが私が言おうとしてることなんだよ
  • That’s what he said.
    それが彼が言ったことです(彼はそう言ったよ)
  • That’s not what I said.
    それは私が言ったことではない(そんなことは言ってないよ)
  • That’s not what I meant.
    それは私が意図したことじゃないんだ(そんなつもりじゃなかったんだ)

また、”exactly” を付ければ「それがまさしく〜なもの(こと)だ」と強調する言い方になります。

  • That’s exactly what I need.
    それがまさしく私が必要としているものだ
  • That’s exactly what I was looking for.
    それがまさに私が探していたものです

アレンジ次第でかなり使える

上に挙げた例文はほんの一部で、他にも “what” 以下を変えるだけでいろんなアレンジができます。

さらに、”what” の部分を “where” に変えた “That’s where 〜” なんかもありますよ。

例えば、”Have you been to Japan?” と聞いたら “I’ve been to Osaka” と言われたとして、あなたがもし大阪出身だったら “Oh, that’s where I’m from(そこが私の出身地なの)” と返せますね。

慣れるまではちょっと練習が必要ですが、慣れてしまえばこれほど使い勝手のいいフレーズはないので、ぜひ覚えて使ってみてください!

“what” の使い方をマスターしよう

今回出てきた「〜なこと」「〜なもの」という意味で使われる関係代名詞の “what” は、しつこいようですが会話では本当によく出てきます。

使いこなせるようになれば、表現の幅がかなり広がるので、ぜひ以下のコラムも読んでマスターしてくださいね!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS