Home英語コラム

“It is what it is” の意味とは?

サンドイッチのSUBWAYは「地下鉄」という意味じゃない
“much” と “a lot of”、”lots of” の違いは?どう使い分ける?
日常会話で役立つ “chance” の意味と使い方

スポンサーリンク

新型コロナの話を誰かとしていると、よく出てくるフレーズがあります。それが今回取り上げる、

  • It is what it is.

です。もちろんコロナの話題以外でもよく使われるこのフレーズ、一体どんな意味だと思いますか?

“It is what it is.”、どう使う?

意味を紹介する前に、どんなふうに使われているのか、最近私が耳にしたシチュエーションを紹介したいと思います。

先日スーパーに行ったときに顔見知りの店員さんに久しぶりに会ったので、少し近況を話しました(もちろんソーシャルディスタンスをとって手短に)。

その人は日本に旅行に行く計画を立てていたのに、新型コロナがこんなことになってしまったので旅行を諦めたと言っていて、その最後に、

  • Well, it is what it is.

と言いました。さて、このフレーズ、どんな意味だと思いますか?

“It is what it is.” の意味とは?

“It is what it is.” は、変えたくてもどうにも変えられない現実や状況を受け入れて「仕方ない」「しょうがない」という意味でよく使われるフレーズです。

「こういうことだからしょうがない」と諦めて受け入れるニュアンスです。

スポンサーリンク

上に出てきたスーパーの店員さんは、コロナの影響で旅行に行けなくなってしまった(←変えられない、受け入れるしかない現実)に対して、「まぁ仕方ないね、しょうがないね」と言っていたんですね。

自分ではどうしようもないことが起きたときに、

  • It is what it is. There’s nothing I can do about it.

のように「しょうがない、どうしようもない」を表すフレーズを続けたり、

  • It’s a challenging time for small businesses, but it is what it is. We have to make the best of it.
    スモールビジネスにとっては大変な時だけど、仕方ない。最善を尽くさないと

みたいに諦めつつも、努力しようみたいな場合にも使えます。

“It is what it is” が「仕方ない」になる理由

では “It is what it is.” がなぜ「仕方ない」 になるのでしょうか。

“It is what it is.” って、難しい単語は使われていないですが、それだけに文章全体の意味を掴みにくいと感じるかもしれません。

ここでのポイントは “what” です。この “what” は以前にも紹介しましたが、関係代名詞の「〜すること、〜するもの」という “the thing which” の意味で使われています。例えば、

  • This is what I was looking for.

は「これが〜なものです」とポンと言っておいて、どんなものかという説明が “what” の後ろにきています。それは「私が探していた」ものということですね。つまり「これが私が探していたものです」という意味になります。

スポンサーリンク

そうすると、

  • It is what it is.

は「それはそういうことだ」「それはそういうものだ」という意味になります。すると、変えられない現実を諦めて受け入れる「仕方ない」「しょうがない」というニュアンスが掴みとれますよね。

■関係代名詞の “what” の使い方はこちらで詳しく紹介しています↓

■その他の「仕方ない」「しょうがない」の英語表現はこちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS