ネイティブがよく使う、”head” で表す「行く」

辞書には載っていない、よく使う「いつか」
“give up” と “give in” の違いは何?
“become” を使わずに「君はいいパパになるよ」

スポンサーリンク

「あと1週間でイギリスに行きます」

これを “go” を使わずに言うと、どうなると思いますか?

今回は、ネイティブが普段の会話でよく使う “head” を使って表す「行く」のお話です。

“head” で表す「行く」

「行く」といえば、真っ先に思い浮かべるのは “go” を使った表現ですよね。

  • I’m going to the UK in a week.
    1週間後にイギリスに行きます

みたいな感じです。

ところが、”go” ではなく “head” を使っても表せるんです。”head” は「頭」という意味はよく知られていますが「向かう、行く」を表すこともあるんですね。

head:to go in a specified direction or toward a specified place. To be heading or headed somewhere is to be going or directed somewhere.(Merriam-Webster Dictionary

なので、これを使うと「1週間後にイギリスに行きます」はこんなふうに表せるんですね。

スポンサーリンク

  • I’m heading to the UK in a week.
    1週間後にイギリスに行きます

こんな “head” の使い方、私の周りではとてもよく耳にします。

“head” の基本は「向かう」イメージ

“head” は「行く」と訳されることも多いですが、基本はどこかの方向に「向かう」イメージです。

つい先日、”head” の意味を理解しやすい、ちょうどいいシチュエーションに遭遇したので、そのことを紹介したいと思います。

A Walk in the Rain

私がスーパーで歩いていると、私の少し前に一人の女性客が歩いていて、その向こうから店員さんがそのお客さんの方に歩いてきました。

店員さんはその女性客の行く手を塞がないようにと脇の通路に避けたのですが、実はその女性客はそっちに行きたかったようで、お互いが「あっ、あっ、どっち行くの?」みたいになっていました。
こんなこと、道でよくありませんか?お互いがお互いを避けようとして、結局2人とも同じ方向に避けてしまうこと。

まさに、そんなシチュエーションになった時に、店員さんが笑いながら女性客に、

  • Where are you heading?

と言っていたんです。”Where are you going?” でもいいのですが「どの方向に向かってるの?」という、まさに “head” がピッタリな場面だなと妙に納得してしまいました。

スポンサーリンク

“head” の使い方いろいろ

とは言え、日本語では「向かう」と「行く」をそれほど区別しないで使うこともあるように、英語でも “head” は「行く」と同じように使われることも多いので、とても出番が多い単語です。

ネイティブも会話でよく使うので、いくつか挙げてみましょう。

  • Where are you heading (to)?
    どこへ行くの?
  • I’m heading there now.
    今そこに向かってます
  • I picked up some groceries and headed home.
    食料品を買ってから家に帰りました
  • We’re heading to the bar. Do you want to come?
    僕たちこれからバーに行くんだけど、いっしょに来ない?
  • I might head down (there).
    (何かに誘われた時に)そこに行くかもしれないわ
  • We woke up early and headed off to the airport.
    早起きして空港へ出発した

“be heading” の代わりに “be headed” が使われることもありますが、意味は同じです。

よくある単語を使わない表現

表現がワンパターンになってしまうとお悩みではないですか?

以下のコラムでは、日本人がよく使う表現とは違う【ネイティブがよく使う表現】を紹介しています。ぜひあわせてご覧ください!










こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS