Add Friend

“N for Anshin” に学ぶ、英語のスペルを確認する方法

ネイティブがよく使う “make sense” ってどんな意味?使い方は?
「3歳の子がいる」「1歳半の子がいる」って英語でなんて言う?
「何か意見はありますか?」を英語で言うと?

スポンサーリンク

先日、ホンダの『N-BOX』という車のテレビCMを見て、ちょっと感じたことがありました。

N-BOXという車のCMで最後に「N for Anshin」というキャッチフレーズが出てくるのをご存じでしょうか?

この「N for Anshin」を初めて耳にした時に感じた違和感から、今回は絶対に覚えておきたい “for” の使い方をお届けします!

“for” は「〜のための」?

ホンダの「N for Anshin」は「安心のためのN-BOX」という意味が込められているのだと思います。

ホームページを見てみても、この他に「N for Utility」「N for Drive」「N for Kaiteki」「N for Style」というキャッチフレーズが書いてありました。

これはこれで理解できます。

では、なぜ「N for Anshin」と聞いた時に違和感があったのかと言うと、英語では “N for 〜” のように【アルファベット1文字+for 〜】は、日常的に別の意味で使われるからなんです。

【アルファベット1文字+for 〜】の使い方

「N for 〜」「A for 〜」のような使い方をするのは、スペリングを正確に伝える時や確認する時です。例えば、

スポンサーリンク

  • N for November
  • A for Alpha
  • B for Bravo
  • M for Mike

のような感じで、口頭でアルファベットやスペルを正確に伝えるためや、NかMのように紛らわしいアルファベットを確認するために「NovemberのN」「MikeのM」のように【アルファベット1文字+for 〜】が使われます。

日本語でも名前の漢字を口頭で説明する時に「健康の健(けん)です」のように言うことがありますよね。そんな感じを想像してください。

なので、この使い方だと「N for 〜」の「〜」の部分は必ずNで始まる単語が入ります。”November” や “New York” みたいな感じですね。

それが「N for Anshin」を耳にした時の違和感の原因です。「Anshin」は「N」で始まらないですからね。
他のキャッチコピー「N for Utility」「N for Drive」なんかもそうですね。「N」で始まらないから、一瞬「えっ?」となったわけです。

HONDA N CONCEPT-4

スペルを確認する方法【フォネティックコード】

こういった「N for November」のようなアルファベットを正確に伝える方法・確認の仕方は、電話の会話で意外と使う機会があります。

「N」は必ずしも「November」である必要はないのですが、いちおう国際的に決められたNATO phonetic alphabetというものがあります。
フォネティックコードと呼ばれたりもしますが、これらはもともと無線電話での聞き間違いを防ぐために作られたようで、AからZまでが以下のように決まっています。

  • A:Alpha
  • B:Bravo
  • C:Charlie
  • D:Delta
  • E:Echo
  • F:Foxtrot
  • G:Golf
  • H:Hotel
  • I:India
  • J:Juliet
  • K:Kilo
  • L:Lima
  • M:Mike
  • N:November
  • O:Oscar
  • P:Papa
  • Q:Quebec
  • R:Romeo
  • S:Sierra
  • T:Tango
  • U:Uniform
  • V:Victor
  • W:Whiskey
  • X:X-Ray
  • Y:Yankee
  • Z:Zulu

“Foxtrot” や “Zulu” など、日常生活で使うことはまずないだろうという不思議なものもありますが、私はニュージーランドでホテルの専門学校に行っていた時に、これを暗記させられました。

スポンサーリンク

電話で相手の名前のスペリングを確認したりするもので、例えば「Kath」さんなら「K for Kilo, A for Alpha, T for Tango, H for Hotel」のように1つずつ読んでいきます。

また、聞き取ったものの不安な場合は「M? M for Mike?」のように聞き返すこともできます。

こうすることでBとD、MやN、PやTなどの聞き間違えを防ぐことができるので「◯ for 〜」はとても便利なんですね。

国名(地名)・人名でアルファベットを確認することも

上で紹介したフォネティックコード以外にも、国名や人名を使ったアルファベットの確認方法もあります。一例を挙げてみると、

  • A:America / Adams
  • B:Boston / Bob
  • C:China / Charlie
  • D:Denmark / David
  • E:England / Edward
  • F:France / Frank
  • G:Germany / George
  • H:Hong Kong / Henry
  • I:India / Isabel
  • J:Japan / Jack
  • K:Korea / King
  • L:London / Lewis
  • M:Mexico / Mary
  • N:New York / Natalie
  • O:Oslo / Oliver
  • P:Paris / Peter
  • Q:Quebec / Queen
  • R:Russia / Robert
  • S:Spain / Sam
  • T:Tokyo / Tom
  • U:Union / Uncle
  • V:Victoria / Victor
  • W:Washington / William
  • X:X-ray
  • Y:Yellow / Young
  • Z:Zebra

と、こんな感じで一般的によく知られた国名や人名で確認することもあります。
上の例以外にもいくつかのバージョンがあるので、一生懸命覚えなくても、相手に伝わりやすい単語を選べばOKです。

アルファベットの確認に役立つ “◯ for 〜”

名前のスペルを言ってもらったのに聞き取れない時や、メールアドレスなんかも1つずつアルファベットを言ってもらったのに聞き取れないことってありませんか?

私はニュージーランドで働き始めた頃、電話でアルファベットを聞き取るのにとても苦労したので、この「◯ for 〜」をよく使っていました。
特にメールアドレスは1文字でも間違っていると相手に届かないので、必死でこの方法を使ってアルファベットを確認していました。

また、”for” の代わりに “◯ as in 〜” という言い方もありますが、”for” の方が簡単なせいか、こちらをとてもよく耳にします。

スポンサーリンク

仕事で英語を使っている方は、スペル・アルファベットを確認する場面でぜひ活用してみてくださいね!

■相手の名前のスペルを聞く時に役立つフレーズはこちら↓

■相手が言ったことが聞き取れなかった時に役立つフレーズはこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS