Home英語コラム

「踏切」って英語でなんて言う?

「空いてる」「都合がいい」日程調整に役立つ英語表現
とっても簡単!「そうしてもらえると助かります」
ネイティブが会話でよく使う「必ず〜してね」

スポンサーリンク

線路と道路が交差している場所を「踏切」と言いますよね。

この「踏切」って英語でサラッと言えますか?

あわせて「遮断機」「警報機」「線路」の英語表現も紹介します!

「踏切」を英語で言うと?

「踏切」は英語で言うと、

  • level crossing
  • railway crossing
  • rail crossing

などがニュージーランドではよく使われます。ただ、これはイギリス英語の言い方で、アメリカ英語では、

  • grade crossing
  • railroad crossing

と言うようです。”railroad” と “railway” はどちらも「線路、鉄道」を表すときに使われる単語で、アメリカ英語かイギリス英語かの違いです。

“crossing” ってどんな意味?

上で紹介した「踏切」の英語にはどれも “crossing” がついていますよね。

では、”crossing” ってどんな意味なのでしょうか?”crossing” とは、

a place where you can safely cross a road, railway, river etc

(ロングマン現代英英辞典)

道路や線路、川などを安全に渡れる場所を意味します。なので、

スポンサーリンク

  • 道路を安全に渡れる場所=横断歩道:pedestrian crossing
  • 線路を安全に渡れる場所=踏切:railway crossing

なんですね(”pedestrian” は「歩行者(の)」)。

ちなみにイギリス英語で「踏切」を表す “level crossing” は、線路と道路が同じレベル(高さ)なので、こう呼ばれるそうです。

「遮断機」「線路」を英語で言うと?

踏切に関連したボキャブラリーを少し。

踏切には遮断機があったり、電車が近づいてくるとカンカンと警報機が鳴って、赤い2つのランプが交互に点滅しますよね。これらを英語で言うときは、

  • 遮断機: level crossing barriers、barrier arms
  • 警報機のランプ:(flashing) lights
  • 警報機の音:(warning) bells

みたいに呼ばれていますが、国や地域によって違うかもしれません。また、踏切の話をしていると明らかに分かる場合には、

  • The barrier arms were down.
    遮断機は下りていました
  • The lights were flashing.
    警報機のランプが点滅していました
  • The bells were ringing/sounding.
    警報機が(カンカン)鳴っていました

みたいに簡単に言えます。そうでない場合は “lights/bells at a level crossing” のように言えばOKですね。

ちなみに、電車が走る「線路」を英語で言うと、

  • train tracks
  • railway tracks

などをよく耳にします。これも話の流れでは “track(s)” だけでも十分通じますよ。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS