間違えやすい!「バレーボール」の英語のスペルと発音は?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

今月開幕するバレーボールのワールドカップ。
パリ五輪の予選も兼ねているということで、メディアでの露出も増えてきましたね。

ところで、この「バレーボール」。英語で書けますか?

スペリングにも自信がある方、正しく発音できますか?

実はスペリングも発音も意外とややこしいんです。

この記事の目次

「バレーボール」の正しいスペリングは?

「バレーボール」を英語で書こうとしてスペリングが分からなかったのは、私です。

まず最初のアルファベットが「B」なのか「V」なのか悩みませんか?正解は「V」で始まります。英語で書くと、

volleyball

が正しいスペリングです。しかもワンワード。昔は “volley ball” だったそうですが、1952年からはワンワードで綴るようになったそうです。

「ビーチバレー」も英語では “beach volleyball” と言いますよ。

“volley” とはテニスで言う「ボレー」、サッカーの「ボレー(シュート)」などの “volley” のことで、ボールが地面に落ちる前に打ち返したり蹴ったりすることを指します。バレーボールもボールが地面に落ちる前に拾って打ち返す競技ですよね。

同じ “volley” が日本語では「ボレー」になったり「バレー」になったりするのが面白いところです。

ちなみに、踊る「バレエ」は英語で書くと “ballet”、シリコンバレーの「バレー」は「谷」なので “valley” ですね。ちょっとずつ微妙に違います。

「バレーボール」の英語の発音は?

スペリングもさることながら「バレーボール」は発音もなかなか手強いです。「バレー」というカタカナ読みは一旦忘れてしまいましょう。

“volleyball” の発音は、

イギリス英語 /ˈvɒlibɔːl/

アメリカ英語 /ˈvɑːlibɒːl/

なので、イギリス英語では「ヴォリボー」みたいに聞こえます。アメリカ発音では「ヴァリボー」に近いですが、ポイントは3つです。

  1. アクセントは最初に来る
  2. vとbの両方が出てくるので間違えない
  3. “volley” の ley の部分は「レー」ではなく「リ」

カタカナ読みの「バレーボール」では全然通じないはずです。全然違いますね。

ちなみに、先ほど出てきた “valley(谷)” と “ballet(バレエ)” の発音記号も一応載せておくと、

  • valley /ˈvæli/
  • ballet /ˈbæleɪ/

です。こちらはどちらもæの音なんですね。

ワールドカップバレーは来週9月16日(土)に女子の試合が始まり、30日(土)から男子が始まります。世界トップレベルのプレーを見られるのが楽しみです!!

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次