似てる単語 strange,weird,odd の違いは何?|1分英語

“classic” と “classical” ってどう違うの?
“You’re naughty” と “You’re being naughty” って何が違うの?
“take” と “bring”、ちゃんと使い分けられてますか?

スポンサーリンク

今回は「似てる単語」の違いを紐解いてみたいと思います。

「変な」とか「変わった」という意味で使われる単語はいくつかあります。
その中でもよく使われる “strange”、”weird” そして “odd” の違い、分かりますか?

ある程度英語に慣れてくると、口にしてみて「この場合はstrange」とか「ここでoddを使うのは変」と感覚で分かったりするのですが、その感覚を身に付けるまでずいぶん時間がかかってしまいます。

そこで、今日は似ているようでどこか違う “strange”、”weird” そして “odd” の違いを紹介します。

strange,weird,oddの違いって何だろう?

Newtown wallart

まずは「strange/weird/odd」の意味を1つずつ見てみましょう。

strangeの意味

“strange” をCollins Dictionaryで調べてみると以下のように書かれていました。

1. unusual, or extraordinary in appearance, effect, manner etc
普通でない、見た目や雰囲気、態度などが並外れたこと
2. not known, seen, or experienced before
過去に知らない、見たことがない、経験したことがない
3. not easily explained
説明しにくい

つまり、自分たちが普段見たり聞いたりしている事(人)でなかったり、言葉で説明しにくい「変わった」「変な」を指すようですね。

weirdの意味

それでは次に、”weird” も同じCollins Dictionaryで見てみましょう。

スポンサーリンク

suggestive of or relating to the supernatural; eerie
不可思議なことを思い出させる、または関係する。得体の知れない

日本語だと「得体の知れない」「奇妙な」という意味の「変な」ですね。

oddの意味

最後に “odd” も見てみましょう。

unusual or peculiar in appearance, character etc
見た目や性格、個性が普通でない、奇妙な

つまり “odd” の「変わっている」は、見た目や性格がちょっと「変わっている」「奇妙な」ことをいいます。

strangeとoddは意味が似ている?

実は、”strange” と “odd” は意味がちょっと似ています。
「見た目が普通ではない」という意味ですね。この2つは同じ「見た目が普通ではない」なのですが、”strange” は過去に見たことがないような、見慣れないものに対して使い、見た目が「奇妙で普通ではない」ものを “odd” といいます。

そのため、海外に行って「見たことがない柄」の服を見た場合、”odd” とは言わず、”strange” になります。
もちろん見た目が奇妙で奇抜なものすごいデザインの布だった場合は “odd” を使っても間違いではありません。

3つを比べてみましょう

辞書の意味だけを見てもわかりにくいので、意味を比べてみましょう。

A:Have you seen the new staff member?
新しいスタッフ見た(会った)?
B:No, I haven’t but why?
まだだけど、どうして?
A:He looks a bit _
彼、ちょっと見た目が変わってるんだよね

日本語では「変わってる」の一言で片付けられるかもしれないこんなシチュエーションの会話。

ここで “strange” と “weird”、それと “odd” のどれを使うかで「新しいスタッフ」がどう変なのかが違ってきます。

“strange” の場合、説明はできなくても「何か変わった人」という意味で使われています。
そして “weird” は、もっと「得体の知れない奇妙さ」のある人。場合によっては「気味が悪い」というニュアンスを含む「変な人」なんですね。

そして最後の “odd” は「見た目や性格が変な人」を指します。

今日のまとめ

どう使い分けて良いかわかりにくい場合は、”strange” が最も一般的でシチュエーションを選ばない単語なので、とりあえずは “strange” を使って表現すれば大きな間違いはありません。

実は「変わった」「変な」という意味の言葉はこれ以外にも幾つかあるので、それらはまた別の機会に紹介したいと思います。

繰り返しフレーズに触れて復習しましょう!

何かを覚えるとき、復習をすると学習効果がすごく高いそうです。
そこで、【1分英語】シリーズでは、「前回」「3話前」「10話前」に出てきたフレーズを穴埋め形式にして紹介していきます。

単語の最初の一文字目だけわかるようにしました。それと「 _ 」の数が単語の文字数になっています。なんだっけ…と思い出せないときはヒントとして使ってみてください。

前回からの出題

「中毒」という表現を3パターン紹介しました。
それらの表現を使って「僕はチョコレート中毒です」を英語にしてみましょう。

答えは「〜中毒」を英語で言うための3つの言い回しをご覧ください。

3話前からの出題

「なるほどね!」を英語にする表現を2つ紹介しました。
何と何だったか思い出せますか?

答えは「なるほどね!」にピッタリな英語表現をご覧ください。

10話前からの出題

「気のせいだよ」を英語にしてみましょう。

It’s your i__________

「気のせいかもしれないけど、なんか今日は見た感じが違うね」を英語にしてみましょう。

M____ it’s j___ m_ but you look different today

答えは「「気のせいだよ」を英語でいう2つの方法」をご覧ください。

最新の記事を自動でお知らせします!

このシリーズは「できれば毎日更新」でお届けしますが、あいだが空いてしまうかもしれません。
読み逃しがないようにぜひFacebookページを「いいね」して最新の記事のお知らせが来るようにしたり、メールで更新のお知らせを受け取るなどしてもらえると嬉しいです。詳しくは下記を参照ください。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS