「どちらかというと…」って英語で何て言う?

「歩きスマホ」「ながらスマホ」って英語でなんて言う?
けっこう便利!名詞を一瞬で形容詞に変える方法
“done” を上手に使っていますか?

スポンサーリンク

日本語で「どちらかと言うと」って、どんな場合に使いますか?

「今晩、出かけない?」「んー、どっちかというと今日は家でまったりしたいんだよね」や「私はどちかというと犬派です」のように使うこともありますよね。

または、彼女が夕食を作ってくれて「味はどう?」と聞かれたときに「どっちかというとちょっと塩っぱいかな」のように、角を立てないように敢えて使うこともあるかもしれません。

こんな「どちら(どっち)かというと」というニュアンス、英語でどうやって表せばいいのでしょうか?

「どちらかというと〜したい(したくない)」

まずは冒頭に登場した会話を振り返ってみましょう。

「今晩、出かけない?」
「んー、どっちかというと今日は家でまったりしたいんだよね」

こんな「どっちかというと〜したい(したくない)」によく使われるのが “would rather” です。

上の会話を英語で表現するとしたら、

“Do you want to go out tonight?”
“I’d(=I would) rather chill at home tonight”

のような感じになります。この “would rather” とは、オックスフォード新英英辞典によると、

スポンサーリンク

used to indicate one’s preference in a particular matter

なので、何かを他のもの(こと)よりも好むという意味ですね。

定義の中に “preference” という単語が出てきましたが、”rather” の代わりに動詞の “prefer to” を使って「どちらかと言うと〜したい」を表すこともできます。

「どちらかというと…だ」

「私はどちらかというと犬派です」

これ、英語にするのは難しそうな気がしませんか?
でも実は、誰もが知っている単語だけを使って表すことができるんです。

それは “more of a 〜 (than …)” というフレーズ。

2つのものを引き合いに出して「どちらかと言うと(…よりは)〜だ」という意味になり、後半部分の “than …” は省略することも可能です。

「私は犬派です」は以前に紹介したように “I’m a dog person” で表せるので、これらの表現を組み合わせると「私はどちらかというと犬派です」は “I’m more of a dog person” となります。

また、口語では “more like a 〜” と言うことも多いです。

例えば、ムースみたいなケーキを食べたときに “This is more like a mousse than a cake” と言えば「どっちかっていうと」というニュアンスが上手に表せますよ。

Mousse cake

「どちらかというとちょっと…だ」

では、最後に「どっちかというと、ちょっと塩っぱいかな」のような「どちらかというとちょっと…だ」という表現も紹介しておきましょう。

これもまた、簡単な単語だけを使って “on the 〜 side” で表すことができるんです。

これは上で紹介した2つの「むしろ」というニュアンスの「どちらかというと」とは少し違って、普通よりも「ちょっとだけ、少し」「〜気味」「〜寄り」というニュアンスを持つのが特徴です。

これを使うと、冒頭の「どっちかというと、ちょっと塩っぱいかな」は “It’s on the salty side” と、これまたスッキリ表すことができます。

さらに「そのレストランはどちらかというと、ちょっと高級なほうかな」なんていうのも、シンプルに “The restaurant is on the pricey side” で表せるんです。

口語で使われることが特に多く、私の印象ではネガティブなこと・ズバッと言いにくいことを表す場合に、特によく使われる気がします。そういった意味では “-ish” に似ていますね。

少しずつ表現の幅を広げよう!

今回紹介したフレーズは、知らなくても日常会話で困ることはないと思います。

でも「こんなニュアンスを伝えたいのに、うまく伝えられない…」という場合って、ほとんどがちょっとしたプラスαの表現であることが多いですよね。

今回登場したフレーズたちが、そんな時にお役立てば嬉しいです。

■「犬派/猫派です」「紅茶派というよりはコーヒー派です」のような、知っているとかなり応用のきく表現はこちらで紹介しています!↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS