“I think” をもっとカジュアルに

“have been” と “have gone” の違いって何?
スッキリ使い分け!「列」を表す英単語
結構使える!英語の “chance”

スポンサーリンク

「〜だと思う」と、自分の意見を言うときによく使うのが “I think” ですよね。

では、それ以外に「〜だと思う」を表す表現って、どんなものを思い付きますか?

今回はニュージーランドで私がとってもよく耳にする “I think” ではない「〜と思う」を紹介したいと思います。

“think” を使わずに「思う」を英語で

今日紹介するのは “I think …” という代わりに、ニュージーランド人がとってもよく使う表現、”I reckon” です。

この単語、聞いたことありますか?

アメリカ英語を勉強されている方には、あまり馴染みのない単語だと思います。

私は初めて見た時に「レンコン」と英語で書いてあるのかと思いましたが、”renkon” ではなくて “reckon” です。

ニュージーランドでは会話にしょっちゅう出てくる単語なので、私はてっきりKiwi英語だと思っていましたが、実はイギリス英語でよく使われる単語で、オーストラリアでもよく使われるそうです。

The Thinker.

“reckon” ってどんな意味?

“think” の代わりに使えると言いましたが、そもそもの意味は何なのでしょうか。

ジーニアス英和大辞典で “reckon” を引いてみました。

1:(費用・利益など)をざっと数える、計算する
2:(〜だと)考える、評価する
3:《略式》思う、憶測する

というような意味が出てきます。

アメリカ英語では1番と2番の意味で使われ、日常会話にはあまり登場しにくいこの単語、イギリス英語では3番の意味で普段の会話によーく登場します。

そして、オックスフォード現代英英辞典ではこう定義されています。

(informal) to think something or have an opinion about something

“think” という意味なのは間違いなさそうですが、あることに気付きましたか?

英和辞典にも《略式》と書かれていましたが、英英辞典にも(informal)とあります。

会話でとてもよく使う単語ではありますが、あくまでもカジュアルな使い方です。
フォーマルな場面では使わない方がいいですね。

“reckon”、どうやって使う?

この “reckon”は、会話の時に文章の最初や最後に付ける “I think” や “I guess”と同じように使います。

“I think it’s going to rain.” は “I reckon it’s going to rain.”
“I think that’s a good idea.” は “I reckon that’s a good idea.”

と、こんな感じです。

“What do you think?” も “What do you reckon?” となります。
このフレーズも耳にタコができるほどよく聞きます。

octopus earrings

“What do you reckon?” と聞かれたら「あなたはどう思う?」と意見を求められているので、自分がどう思うかを言えばOKです。

ニュージーランドらしさ全開のネーミング

そんな “What do you reckon?” を使ったキャンペーンを発見しました。

ニュージーランドの大手石油会社で多くのガソリンスタンドを持つZ Energyが行なっていた、その名も “What do you reckon?” キャンペーン↓
(写真はFacebookページより)

Z Energy

「あなたはどう思いますか?」の意味からもとれるように、Z Energy を「よりよく」するためのアイデアを一般の人から募集するもので、「ガソリンスタンドのショップでタバコの販売をやめる」などのアイデアが寄せられていました。

以前、日刊英語ライフでも紹介した “Yeah nah”もそうですが、日常で使うカジュアルなフレーズを敢えてこういう所で使ってくるあたりがとってもニュージーランドっぽくて、個人的にすごく好きです。

“reckon” は知ってるだけでも役に立つ

ニュージーランド人はとってもよく使う “reckon” ですが、自分ではイマイチ使いにくい、もしくは使えないという人も多いと思います。

こんなことを書いている私も “reckon” を自分では使いません。

でも、単語の存在や意味・使い方を知っているのと、何も知らないのとでは全然違います。会話の中で相手が使った時に「?」とならずに、話が理解できますよね。

英語を外国語として勉強する人にとって、ネイティブが使うカジュアルな表現は時に使いにくかったりします。
そんな場合は無理して使う必要はないと思いますが、意味や使い方だけでも知っておくのは大切ですね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS