辞書にも載ってない?KIWI英語 フレーズ編

話を切り上げたい時、何て言う?
“happy+excited” をひと言で表す表現とは?
「静かにしてもらえますか?」を丁寧な英語で

スポンサーリンク

今日は、教科書には載っていないけどニュージーランドでとてもよく使われているフレーズを紹介します。

お隣の国、オーストラリアで使われる表現とかぶることが多々ありますが、やはり学校で習ってきたアメリカ英語とはひと味もふた味も違いますよ。

やっぱり定番 “Sweet as”

ニュージーランド英語といえば、必ず出てくるのがコレ。

“Sweet As” と書かれたTシャツを着ている人がいたり、テレビのコマーシャルでも耳にしたり、もちろん会話の中にも頻繁に登場するこの “Sweet as”。

「いいね!」という意味で、”good”、”ok”、”excellent”、”cool” といったニュアンスで使われることが多いのですが、これが口グセのようになっている人もいたりして、カジュアルな会話にはしょっちゅう登場します。

文法的にはかなり変なこのフレーズ。”sweet as ◯◯” というふうに後ろに単語がないと、英語ネイティブには気持ちワルいようで、アメリカ人は “Sweet as what?!」とツッコミたくなるそうです。

いろんな場面で使える “No worries”

辞書によっては「心配無用」や「オーケー、承知した」という意味が載っていたりします。

こちらが何かしてしまって “Sorry” と言った時に “No worries!”「全然問題ないよ!」と言われることもありますし、それ以外にも “Thank you” に対する返事としてよく使われます。

“You are welcome” よりも、もっと親しみを込めてカジュアルに “No worries!” や “No worries, mate!” とフレンドリーに返してくれるのがニュージーランド流。

スポンサーリンク

Marmite and Marmite

↑ 右がニュージーランドの食卓には欠かせないMarmite。左は本家イギリスのもの。オーストラリアのVegemiteは有名ですよね。響きが “mate” に似てますが、”mate” ではなく “mite” でした。。

話は逸れて・・・”mate” つながりでこんなのもあります

発音はメイトではなく、もはやマイトです。笑
オーストラリア英語だと思ってる方も多いと思いますが、ニュージーランド人も日常茶飯事使います。

“G’day mate!” や “Cheers mate!” など、それほど親しい仲でなくても、店員さんに対してもバンバン使います。

他にも “Good on ya mate!” なども “Well done!” 的なニュアンスで使われます。ただし、見目麗しい女性が使う言葉ではないので注意が必要です。

“mate” は男性と男性の間でよく使われ、女性に対しては “G’day!”、”Cheers!” のように “mate” 無しバージョンになります。

TVコマーシャルにもなった Yeah Nah

いつかの飲酒運転撲滅キャンペーンのスローガンにもなって、テレビCMでも使われたこのフレーズ。

意味は「んー、YesだけどやっぱりNoかなぁ」というハッキリしない曖昧な表現なので、ニュージーランド人以外のEnglish speakerは「結局どっちなの???」と混乱するそうです。

何かに対して “No” と言う場合に “No” が強くなりすぎないように少しオブラートに包む感じがして、個人的にはすごく好きなKiwi英語です。

どうでしたか? KIWI英語 フレーズ編

ニュージーランドの英語は訛りがキツくてとっつきにくい・・・という人もいると思いますが、実はとってもフレンドリーな表現が多いのは、やはりお国柄のせいでしょうか。

まだまだ紹介しきれないほどあるので、また単語編とあわせて今後紹介していきます!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS