“arvo”、”brolly” に “sunnies” って何?スラングのクイズ15問!

スポンサーリンク

日本語は「コンビニエンスストア」を「コンビニ」と呼んだり、「スマートフォン」を「スマホ」と呼んだり、「ザ・プレミアムモルツ」をプレモルと呼んだり…と、何かと短縮することが多いですよね。

テレビの「リモートコントロール」も、もはや「リモコン」の方が一般的です。

英語でも「リモコン」のことを “remote” と略して呼びますが、英語自体には日本語よりも省略語が少ないイメージがありませんか?

今回は、単語を省略したスラングを中心に、一見ちょっと分かりにくいものをいくつか紹介したいと思います!

目次

省略語がやたらと多い、NZとAUS

私はアメリカで生活をしたことがないので、アメリカではどうなのか分かりませんが、ニュージーランドやオーストラリアの人たちは言葉を短くするのがとっても好きなようです。

どちらもイギリス英語圏なので、イギリスで使われている略語のままのものもありますが、独自のスラングとして使われている略語も多く、外国人にはちんぷんかんぷんです。

今回は数あるスラングの中から、イギリス英語・ニュージーランド英語・オーストラリア英語で使われる【単語を短くしたスラング】を中心に15個紹介したいと思います。

クイズ感覚でぜひ挑戦してみてください!

スラングクイズ15問!この意味は何?

以下の15個の単語はそれぞれ、名詞を短くしたスラングです。
もとの単語は何なのか考えてみてくださいね。

  1. cuppa
  2. lolly
  3. arvo
  4. telly
  5. bub
  6. kindy
  7. uni
  8. brolly
  9. sunnies
  10. gummies
  11. rellies
  12. pressie
  13. doco
  14. ambo
  15. rego
© nzlife.net

それでは正解です

  1. cuppa=cup of tea
    Fancy a cuppa?” と言われたら「お茶いかが?」という意味になります。紅茶好きなイギリスの影響が強い表現ですね。
  2. lolly=lollipop
    ニュージーランドでは「飴」に限らず、グミやジェリービーンズ、チョコレートも “lolly(複数形: lollies)” と呼ぶこともあります。ちなみに「トラック」はイギリス英語で “lorry” です。
  3. arvo=afternoon
    これはちょっと想像しにくいですが「午後」の略で、ニュージーランドとオーストラリアでよく使われます。”Saturday afternoon” は “Saturday arvo” となりますよ。
  4. telly=television
    “What’s on telly tonight?” で「今晩テレビで何があるの?」といった感じで使えます。
  5. bub=baby
    そのまま「赤ちゃん」を表します。
  6. kindy=kindergarten
    ニュージーランドとオーストラリアで使われる「幼稚園」の略語で、”My daughter is at kindy now(娘は今幼稚園に行ってるよ)”  みたいに使えます。
  7. uni=university
    「明日は大学(の授業)がある」を “I have uni tomorrow.” と言ったり「大学生」を “uni student” と表現したりします。
  8. brolly=umbrella
    ちょっと想像しにくいですがイギリス英語で使われるスラングです。”Take a brolly” で「傘を持って行く」となります。

スポンサーリンク

Rainbow umbrella

9. sunnies=sunglasses
「サングラス」の略で “I’ve lost my sunnies(サングラスなくしちゃった)” みたいに使えます。

10. gummies=gumboots, rain boots
ゴムでできた「長靴」のことをニュージーランドでは “gumboots” と呼ぶのですが、それを省略した”gummies” もよく耳にします。お菓子の「グミ」という意味もあります。
ちなみに、イギリス英語では「長靴」を “wellingtons” と呼びますが、略すと “wellies” になります。

11. rellies=relatives
いわゆる「親族」のことでNZとAUSのスラングです。”My rellies came for a visit(親族が会いに来た)” のように複数形の “rellies” で使うことが多いですが、単数なら “rellie” になります。

12. pressie=present, gift
「誕生日プレゼント」のことを “a birthday pressie” と言ったりします。”prezzie” と書くこともあります。

13. doco=documentary
「ドキュメンタリー」のことで “Did you watch the doco about Shakespeare last night?” のように使われます。これもNZとAUSのスラングです。

14. ambo=ambulance, paramedic
「救急車」のこと。「救急隊員」を “ambo staff” や “ambo crews” と表現することもあります。

15. rego=registration (for a motor vehicle)
ブロックのおもちゃのLEGOではありません。自動車登録のことをニュージーランドとオーストラリアではこう呼びます。発音は/ˈrɛdʒəʊ/で、中古販売の際に自動車登録されていない車は “car with no rego” と書かれていたりします。

スラングは面白い

今回紹介したスラングたちは、全英語圏で通用するものではないので覚えておく必要はないかもしれません。

でも、その土地その土地でいろんな略語・スラングが使われているので、もし自分がどこか英語圏の国で生活するなら、よく使われるスラングは覚えておくと役に立つと思います。

過去に紹介した、よく使われるスラングをテーマにしたコラム一覧は【こちら】からご覧いただけます。以下のコラムと合わせてご覧ください!

スポンサーリンク

■「〜の略です」「何の略ですか?」「略して○○」を英語で言うと?

■アルファベット3文字の略語をまとめたコラムはこちら↓

“N/A” “w/” は何の略?↓

■ニュージーランド英語とは?その特徴とアクセント・スラングはこちら↓

■ニュージーランドスラング、あなたはいくつ分かる?

■超難問!バリバリのニュージーランドスラング、いくつ聞き取れる?

■ニュージーランド英語の訛り、キウィアクセントを面白く紹介した動画がこちら↓

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次