FYI、LMK、IDK に DOB。英語の略語いろいろ

“think” と “hope”。否定形には要注意?!
“make the most of” と “make the best of” 違いは何?
“opposite” よりナチュラルな「反対」「逆」

スポンサーリンク

英語の略語って、どんなものを思い浮かべますか?

代表的なものでは “ASAP” がありますよね。
“ASAP” は “as soon as possible = できるだけ早く” を表す時に使われる略語です。

こういった略語は、よく使われるものだけでも他にたくさんあります。
今日はその中からベーシックなものをクイズ形式でお届けしたいと思います!

GPS、CEO、FAQ は何の略?

日本語は何でもすぐに省略されて略語が作られたりしますが、英語にも略語はあって「略語」は英語で “abbreviation” と言います。

まずは日本でもお馴染みの、アルファベット3文字の略語から紹介していきましょう!
日本で浸透しているものって実は結構あるんです。例えば、

  • BGM … Background Music
  • GPS … Grobal Positioning System
  • PTA … Parent-Teacher Association
  • VIP … Very Important Person
  • DVD … Digital Versatile Disc
  • CEO … Chief Executive Officer
  • MVP … Most Valuable Player
  • FBI … Federal Bureau of Investigation
  • DIY … Do it Yourself
  • FAQ … Frequently Asked Questions
  • ATM … Automated Teller Machine

どれも右の英語の意味は知らなくても、左側のアルファベット3文字を見れば、すぐに何のことか分かりますよね。

英語の略語には2種類ある

実は、英語の略語 “abbreviation” の中には “acronym” と “initialism” というものがあります。

“acronym” というのは、アルファベットの頭文字をとって、それをつなげて英語読みで発音するものです。
例えば “NATO (North Atlantic Treaty Organization)” は英語で読むと [ˈneɪtoʊ]、”NASA (National Aeronautics and Space Administration)” の [ˈnæsə] などがこれにあたります。

それに対して “initialism” は、先ほど紹介したアルファベット3文字の略語のように、一文字一文字をアルファベットで発音する略語です。
「ビー・ジー・エム」「ジー・ピー・エス」という感じですね。

次は、この “initialism” の中で、日常でよく目にするものを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

よく目にするアルファベット3文字の略語たち

では、ちょっとクイズ方式で行ってみましょう。
以下の略語は何を表すのか、考えてみて下さい!

AKA / BTW / DOB / ETA / FOC / FYI / IDK / IMO / IOW / LMK / LOL / OMG / PLS / PPL / PTO / TBC / THX

いかがでしょうか?
簡単なものから、パッと思い付かないものもあるかもしれません。

LOL cakes

では、正解を発表しましょう。

  • AKA … also known as
  • BTW … by the way
  • DOB … date of Birth
  • ETA … estimated time of arrival
  • FOC … free of charge
  • FYI … for your information
  • IDK … I don’t know
  • IMO … in my opinion
  • IOW … in other words
  • LMK … let me know
  • LOL … laughing /laugh out loud
  • OMG … Oh my God
  • PLS … please
  • PPL … people
  • PTO … please turn over
  • TBC … to be confirmed
  • THX … thanks

となっています。

また、メールで招待状などが届いた場合に “RSVP” という略語もよく目にします。これは、フランス語の “Répondez s’il vous plaît” の略で、英語では “Please reply(お返事下さい)” という意味です。

招待状で使われる場合は「参加するかしないか」の返事を下さい、という意味で “RSVP” と書かれているので、こう書かれてあったら出欠の返答をしましょうね。

メールの略語もたくさんあります

今日紹介したものは、ほんの一部です。

テキスト(日本の携帯電話メールのようなもの)を送る際には、入力する文字数を少なくするために “you” を “u” と書いたり、他にもいろんな省略を使ったりします。

※「テキスト」についてはこちらの記事を参考にしてください↓

今回紹介した略語はよく目にするものなので知っていると便利ですが、使いすぎにはくれぐれも注意してくださいね。

■”arvo” や “telly” など、英単語を省略したスラングはこちら↓

■こんな略語もありますので、ぜひ参考にしてみてください↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS