「今日は何曜日?」「何日?」って英語で何て言う?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

日常生活でよく使う表現の一つに「曜日」の表現がありますよね。

日曜日から土曜日までのそれぞれの曜日を英語で言うのは簡単ですが「曜日」や「今日は何曜日?」って意外と英語で言えない表現かもしれません。

そして、同じように「日付」も日々使う基本的な表現です。では「今日は何日?」「今日の日付は?」は英語でさらっと言えますか?

基本だけど意外と見落としがちな「曜日」と「日付」の表現をおさらいしてみましょう!

目次

「曜日」って英語で何て言う?

「曜日」を表す単語ってどんなものを思い浮かべますか?

Sunday、Monday、Tuesday…と学生時代に一生懸命覚えましたよね。でも、それぞれの曜日名ではなく「曜日」自体を表す単語って習ったでしょうか?

実は、英語には日本語の「曜日」のように一言で表せる単語はないんです。そこで、

day of the week

というふうに「曜日」を表します。

「今日は何曜日?」を英語で言うと?

“day of the week” を使うと「今日は何曜日?」は “What day of the week is it today?” が正解となります。ところが、私はこう言っている人に出会ったことがありません。

普段の会話では、

What day is it today?
今日は何曜日?

がよく使われる表現です。”today” を省略して “What day is it?” と言うこともあります。

“day” という単語自体に「曜日」という意味は無いのですが、このフレーズを言われると “day of the week” のことだと分かるので、間違いなく「曜日」を教えてくれます。

それに対する返事は “It’s Monday.” のように答えればOKですが、”Monday.” だけでも通じますし、カジュアルな日常会話ではむしろよく使われていると思います。

では「曜日」を使った例文をいくつか挙げてみましょう。

  • What day is good for you?
    何曜日が都合がいい?
  • What day does your birthday fall on this year?
    今年のあなたの誕生日は何曜日?
  • What days do you work?
    何曜日が仕事ですか?
  • What day of the week is that?
    それって何曜日ですか?
  • What day of the week is the 15th?
    15日って何曜日ですか?
  • What day of the week is best to visit Disneyland?
    ディズニーランドに行くのは何曜日がベストですか?
monday

©︎Rain Forest

ちなみに、この “days of the week” というフレーズをアダムスファミリーの歌に乗せて歌っている動画があるのですが、一度聞くと頭から離れません。一発で “days of the week” という表現を覚えられること間違いなしです!

「日付」を英語で言うと?

では、次は「日付」のお話です。
「今日は何日?」は英語で何と言えばいいのでしょうか?

「何日」をそのまま英語にすると “what day” になりそうですが、”What day is it today?” では「今日は何曜日?」と全く同じ文章になってしまいます。

実は「何日?」という「日付」を表す場合には “day” ではなく、

date

が使われます。

「今日は何日?」「今日の日付は?」を英語で言うと?

“date” を使うと「今日は何日?(今日の日付は?)」は、

What’s the date today?
What’s today’s date?
今日は何日?

のように言えます。

  • What date is it today?

と言っても間違いではないようですが、私はほとんど耳にしません。

また、日付を聞かれた時の答え方もおさらいしておきましょう。今日は3月11日ですね。

“What’s today’s date?” と聞く場合は「何日」だけを知りたいことも多いので、その場合は “eleventh” だけで通じます。省略せずに言うと、

  • (It’s) the eleventh of March ←イギリス英語
  • March eleventh ←アメリカ英語

となります。”the” や “of” が抜けてしまっても問題なく通じますが、正しい言い方も覚えておきたいですね。

そして、この「日付」を表す “date” は「生年月日」を表す時にも使われます。

「生年月日」は英語で “date of birth” で、書類などには “DOB” と省略されて書かれることも多いです。毎年やってくる「誕生日」を表す “birthday” としっかり区別してくださいね。

基本的なことから確実に

日常生活では「曜日」も「日付」もとってもよく使う表現だと思います。

今回紹介したフレーズも使って、曜日・日付・時間など基本的なことはきちんと言えるようにしておきたいですね!

■英語での日付の書き方は、こちらのコラムも参考にしてみてください↓

■「次の金曜日」「次の週末」を英語で言うとどうなる?

■「予定があります」「特に予定はないです」を英語で言うと?

■スケジュール調整に役立つ「何曜日がいい?」「いつが都合がいい?」などの表現はこちらで紹介しています↓

■日付を表す序数は「20日」と「30日」は特に間違えやすいので要注意です↓

■ 時間の表し方を完璧にマスターしたい方はこちらもどうぞ!↓

よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次