「曜日」「日付」って英語で何て言うんだろう?

“why” を使わない「なんで?」
“You’re naughty” と “You’re being naughty” って何が違うの?
桁が大きな数字、英語で読めますか?

スポンサーリンク

日常生活でよく使う表現の一つに日付の表現がありますよね。

以前にも日付を英語で正しく書けますか?というコラムを書きましたが、日付は書くだけでなく、会話の中でもとってもよく登場します。

また、日付だけではなく「曜日」もよく使われる表現ですよね。
日曜日から土曜日までのそれぞれを英語で言うのは簡単ですが、「曜日」って英語では何て言うんでしょうか?

今日は、基本だけど間違いやすい「曜日」と「日付」にまつわるお話です。

「曜日」って英語で何て言う?

「曜日」を表す単語ってどんなものを思い浮かべますか?

Sunday、Monday、Tuesday・・・と中学の時に一生懸命覚えましたね。
でも、それぞれの曜日名ではなく「曜日」自体を表す単語って習いましたか?

実は、英語には日本語の「曜日」のように一言で「曜日」を表す単語はなく、”day of the week” と表します。

これを使うと「今日は何曜日?」は “What day of the week is it today?” が正解となりますが、私はこう言っている人に出会ったことがありません。

普段の会話では “What day is it today?” が一番よく使われる表現です。

スポンサーリンク

“day” 自体に「曜日」という意味は無いのですが、このフレーズを言われると “day of the week” のことだと分かるので、間違いなく「曜日」を教えてくれます。

それに対する返事は “It’s Friday” のように答えるのが正解ですが、もちろん “Friday” だけでも通じますし、カジュアルな日常会話ではよく使われていると思います。

「平日」「週末」って英語で何て言う?

「曜日」の表現の仕方が分かったところで、もう少し話を広げてみましょう。
「平日」と「週末」は英語でどう表現しますか?

「平日」は英語で “weekday” と言います(複数の場合は “weekdays”)。

では、ここで問題です。
“weekday” を英語で定義するとしたら、どうなるでしょうか?上に出てきた “day of the week” を使ってみましょう。

正解は写真の下に書いてあるので、ちょっと考えてみてくださいね。

monday

では、正解です。”weekday” を英語で定義すると、

a day of the week other than Sunday or Saturday

となります。

この “weekday” は日常でよく使われる単語で「私は平日は毎日ジムに行きます」は “I go to the gym on weekdays” となります。
「平日は毎日」ということは週に5日あるので、”weekdays” となるので要注意です。

「週末」は英語で言うと、皆さんご存じ “weekend” ですね。

■ “week” については、こちらも参考にしてみてください↓
“week” の意味や「平日は」を表す他の表現なども紹介しています。

「日付」を英語で言ってみよう!

では、次は「日付」のお話です。

「今日は何曜日?」は英語で “What day is it today?” でした。
では「今日は何日?」は英語で何と言えばいいんでしょうか?

“day” は年月日の「日」という意味もありましたよね?
「何日 = what day」ですが、”What day is it today?” では「何曜日?」と全く同じ文章になってしまいます。

「日付」には実は “day” ではなく “date” が使われます。

「今日は何日?」は “What’s the date today?” と言われることが多いですが、”What’s today’s date?” や “What date is it today?” と言っても意味は同じです。

また、”date” は「生年月日」を表す時にも使われます。

「誕生日」は “birthday” ですが、「生年月日」は “date of birth” と表され、書類などには “DOB” と省略されて書かれることも多いです。

Mei ❤ 1/52

日付の話に戻りましょう。

“What’s the date today?” と聞かれたら、日付をちゃんと英語で答えられますか?例えば今日が7月18日だとしましょう。

こう聞く場合は「日」だけを知りたいことが多いので “eighteenth” でも通じますが、省略せずに答えるとどうなるでしょうか?
これ、ちゃんと言えない人が意外に多いのですが、正解は、

“(It’s) the eighteenth of July” もしくは “July the eighteenth” です。

“the” や “of” が抜けてしまっても通じますが、正しい言い方も覚えておきたいですね。

■英語での日付の書き方は、こちらのコラムも参考にしてみてください↓

基本的なことから確実に

日常の会話では、曜日は「金曜日」などと具体的に言うことが多いので “day of the week” の出番は多くないですが、日付は毎日使うと言ってもいいほどよく出てきます。

今回紹介したフレーズも使って、曜日・日付・時間など基本的なことはきちんと言えるようにしたいですね!

■ 時間の表し方を完璧にマスターしたい方はこちらもどうぞ!↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS