Add Friend

「次の金曜日」って英語でどう表す?

“Would/Do you mind …?” と聞かれたらどうする?
ネイティブがよく使う!”sorry” の活用法
“fruit(果物)” って数えられる?数えられない?

スポンサーリンク

今回のコラムは、日々の生活でも仕事でも、かなりよく使う【曜日の表現】を取り上げます。

何かの予定を決める時に、カレンダーが手元にあれば「◯日はどう?」と言えますが、カレンダーがなければ「次の金曜日はどう?」と言ったりもしますよね。

もし、今日が月曜日で「次の金曜」と言われたら、それは今週の金曜日なのでしょうか?それとも、来週の金曜日のことでしょうか?

日本語でも分かりにくいこんな表現、英語ではどうやって伝えたらいいのでしょうか。

「次の金曜日」を英語で言うと?

「次の金曜日」を英語にしなさい、と言われると “next Friday” と答える人が多いと思います。

でも、具体的には “next Friday” とはいつのことを指すのでしょうか?ちょっとした例を見てみましょう。

今日が仮に、月曜日だとします。

友達に “Are you free next Friday?” と言われたら、次にやってくる金曜日(=今週の金曜日)か来週の金曜日、どちらだと思いますか?

スポンサーリンク

結論から言ってしまうと「来週の金曜日」と受け取る人が多いものの、人によっては「次にやってくる金曜日=今週の金曜日」と受け取る人もいるようです。

このように、”next” を使った表現は解釈の違いが生まれやすい表現なんです。

お互いそれぞれの認識の違いによって「次にやってくる金曜日」なのか「来週の金曜日」なのか、受け取り方が変わってくるので、大事な約束などの場合は必ず日付で確認するのが鉄則です。

でも、実は日付を使わなくても解決できる方法もあるんです。

「今週の金曜日」を英語で

今日が月曜日だとすると「今週の金曜日」なら最初から、

  • this Friday

と言えば解決です。
でも、”next Friday” と言われた場合に「今週の金曜日のこと?」と聞き返すのに “Do you mean this Friday?” 以外にも、とってもよく使われる表現があるんです。それは、

  • This coming Friday?

で、ここでのポイントは “coming” です。

これで「来たるべき金曜日」という意味になるので、このシチュエーションでは「今週の金曜日」ということになります。
フルセンテンスで確認する場合には、

スポンサーリンク

  • Do you mean this coming Friday?

と言えば「今週の金曜日のことですか?」と聞き返すことができます。

Calendar*

では、”Do you mean this coming Friday?” と聞いて「違うよ。その次の金曜日だよ」という返事が返ってきたとしたら、それはどんな表現になるのでしょうか?

「来週の金曜日」を英語で

再び、今日は月曜日だとしましょう。

“next Friday” が「来週の金曜日」という意味で使われていた場合は、”Do you mean this coming Friday?” と聞くと、もちろん “No” という答えが返ってきます。

「今週じゃなくて、その次の金曜日だよ」と言うには、どんな表現にすればいいのでしょうか?

  • Friday next week.
  • Not this Friday, but the next Friday.
  • Not this Friday, but the following one.

のような言い方もあると思いますが、私の周りでは、

  • Not this coming Friday, but the week after.
  • Not this coming Friday, but the one after.

と言う人も多いような気がします。

スポンサーリンク

以前、私の近所に住んでいた人が「週末、ビーチにピクニックしに行こうよ」とよく誘ってくれたのですが “How about next weekend?” と言った後に “I mean, not this weekend, the weekend after” と言い直していました。

“Friday week” の意味とは?

同じシチュエーションで「来週の金曜日」を表すには、実はもう一つ言い方があるんです。それは、

  • Friday week

です。これはイギリス英語で使われていて、”Friday after the immediately coming Friday” という意味になるので、今日が月曜日だと仮定したこのシチュエーションでは「来週の金曜日」ということになります。

ちょっと例を挙げてみましょう。

  • Your report is due Friday week.

と月曜日に言われたとすると、これは「今週の金曜日から1週間=来週の金曜日が期限です」という意味になります。

アメリカ英語では、これと同じ意味で “a week from Friday” という表現が使われているようです。

“next Friday” は微妙な表現

今回紹介したような “next Friday” のような表現は、ネイティブの間でも混乱することが多い表現の一つです。

なので、相手が “next Friday” などと言って、今週のことなのか来週のことなのか分からないなぁと思った時には、遠慮なく聞き返しましょう。

スポンサーリンク

理解できないのは自分の英語力のせいだなんて思わずに、今回紹介したような聞き返し方をしてもいいですし、カレンダーが手元にある場合には日付で確認するのが確実ですね。

■”I’ll be away until Monday” も解釈が分かれることがある、曖昧さを残した表現です↓

■”the last week” という表現も実はよく使われるんです。”last week” と “the last week” の違いについてはこちらをご覧ください↓

■「都合はいかがですか?」「午前中なら空いてます」など、スケジュール調整に役立つ英語フレーズはこちら↓

■「何か予定はありますか?」「その日は予定があるんです」といった「予定」にまつわる表現はこちら↓「予定があります」は “I have a plan” ではないんです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS