カフェはスラングの宝庫

クリスマスにストッキングを飾る謎
ニュージーランドスラング、どれだけ聞き取れる?
夏のお天気を英語であらわしてみよう!

スポンサーリンク

日本人は何かと言葉を省略するのが好きですよね。
英語は日本語に比べると、略されることが少ない印象がありませんか?

でも、そんなことはありません。
ニュージーランド人もオーストラリア人も、単語を短くするのが好きなようです。

短くなった単語はいろんなところで登場しますが、旅行者や非ネイティブにとっては分かりにくかったりしますよね。

今日はカフェや日常生活でよく使われている省略語のスラングを3つ紹介します。
ニュージーランド旅行やオーストラリア旅行で役に立つかもしれませんよ!

朝、カフェに行くと

お店に入ると、ウェイトレスさんがやって来てこう言います。
“Hi guys!”

自分が女性でもギョっとしないで下さいね。カフェではよくある挨拶で、”guys” は複数人に対する呼びかけとして使われる言葉です。男性だけでなく、女性にも使われます。

なので、ここまでは普通です。

次の瞬間、いきなりスラングが登場します。

“Would you like some brekkie?”

スポンサーリンク

私がこれを初めて聞いたのは、友達とオーストラリアのカフェに行った時でした。
その時は “brekkie” が分からず、聞き返してしまいましたが、これがスラングなんです。

“brekkie” とは “breakfast” のこと。

ウェイトレスさんは “Would you like some breakfast?” と聞いていたんですね。

朝食を食べるか食べないかによって渡されるメニューが違ったりするので、ニュージーランドやオーストラリアのカフェでは、この “Would you like some brekkie?” と聞かれることも少なくありません。

謎の食べもの “toastie”

皆さん、”toastie” という単語を聞いたことはありますか?

toastに-ieがついているので、バターを塗って食べるトーストのことかと思いきや、そうではありません。

これは、カフェで食べられる軽食の定番で、正式名称は “toasted sandwich” と言います。

その正体は、名前の通りトーストされたサンドウィッチ、簡単に言うとホットサンドです。

具にはチーズが欠かせません。他にハム、トマトなどを一緒に挟んで、そのまま焼いて食べるだけなのですが、ニュージーランド人は本当に “toastie” が大好きです。

私の住んでいる街ウェリントンにある、お気に入りのカフェにも “toastie of the day” がありました(壁の黒板)↓

toastie of the day
© nzlife.net

こんなのもあり? “sammie”

これもニュージーランドではよく聞くスラングです。

カフェで出てきたり、家で作ることもある、この “sammie” って何だと思いますか?

日本でも買えますよ。
皆さんも食べたことがあると思います。

“sa”しか、原型をとどめていないのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、

正解は “sandwich” でした。

カフェのメニューにも、堂々と登場しています↓

sammies
© nzlife.net

ここからは、ちょっとだけ “sandwich” のお話。
“sandwich” は、日本人が発音した時に「全く通じない」ことがよくあります。

私はニュージーランドに来たばかりの時、サンドイッチを注文するのがイヤでした。全然通じないんです。

でも、この3つのポイントで通じるようになります↓

1、「サンド」の「サ」に全力でアクセントを置く
2、「ド」を強く言わない
3、「イッチ」ではなく「ウィッチ」

「サンウィッチ」みたいに聞こえるはずです。「サ」にアクセントを忘れずに。

“-ie” がほんとに多い!

ニュージーランドやオーストラリアには “-ie” で終わるスラングがたくさんあります。

BBQは “barbie” ですし、mosquitoまでもが “mozzie” と呼ばれます。

どれも響きがかわいくて私は好きなのですが、知らないと意味が分かりませんよね。

今回は旅行にも役立つ、カフェでよく耳にする3つを紹介しましたが、ニュージーランドやオーストラリアで “-ie” で終わる知らない単語が出てきたら、スラングの可能性が高いので、現地の人に聞いてみるのが一番です!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS