初めての洋書と本選びのポイント

日刊英語ライフが電子書籍になりました!
英英辞典アプリの選び方&おすすめアプリ【オックスフォード現代英英辞典】
会話に効く!使えるボキャブラリーを増やすコツ

スポンサーリンク

今回のテーマは、ズバリ「洋書」です。

皆さんの中に洋書を読まれている方はいらっしゃいますか?
洋書を読んでみたいと思いながらも、なかなか手が出せないでいる方はいませんか?

先日のコラム「英語で読むことの重要性」にも出てきましたが、英語で何かを読めるようになると、世界がグンと広がります。

誰だって最初からいきなりスラスラとは読めません。
それでも、たくさん読むことで誰でも必ず読めるようになります。

ただ、それにはちょっとしたポイントがあるんです。
今日は、本選びのコツと最後まで飽きずに読める、おススメの1冊を紹介します。

興味のある本を選ぶ

洋書選びで一番大切なのは、読んでみたい!と思う本を選ぶことです。
これが全てだと言ってもいいほど重要なポイントです。

特に興味は無いけど、なんとなく人気みたいだから・・・という理由で選んでしまうと、ゼッタイに途中で読まなくなります。

私も昔、本屋さんで洋書を安売りしていたので、何となく1冊買ったことがありますが、2ページしか読まずに本棚の肥やしになってしまいました。

自分の英語レベルに合った本を選ぶ

自分の英語レベルに合った本選び。これがなかなかか難しいですよね。

スポンサーリンク

洋書を読み慣れない人にとっては、読みたい!と思う本があっても、英語が難しすぎることもあります。

洋書に慣れるまでは、極端に言えば、簡単すぎるぐらいの本が理想です。
最初から無理をして難しい本を読むと、必ず挫折します。

簡単な英語でも、まずは「1冊読み切って達成感を味わう」ことが大事なんです。

次に、読み方にもコツがあります。

趣味の本や実用本なら、単語一つ一つを辞書で調べて読んでもいいと思いますが、英語の小説を読み慣れるためには、この方法はあまりおすすめしません。

読み方のポイントは、知らない単語があってもどんどん読み進めていくことです。
これは、頭の中で文章を日本語にしない習慣をつけるためです。

例えば “I went to the shop yesterday.” を「私は昨日そのお店に行きました」と訳しながら読むのではなく、英語の文章そのままを頭の中にイメージする、ということです。だから初めは簡単な本がいいんです。

そのクセをつけて読む練習をしていると、知らない単語が出てきた時に、辞書で引かずに推測しながら読むことができるようになります。
それができるようになってきたら、自分の英語レベルよりも少し上の本に挑戦してみましょう。

日刊英語ライフおすすめの洋書

Penguin Books
© Simon A

Penguin Readers

上の写真のような、ペンギンのオレンジ色のマークを見たことありませんか?
イギリスの有名な出版社なので、ご存じの方も多いと思います。

このペンギンブックスが出している本の中に「Penguin Readers」というシリーズがあります。

このシリーズの特徴は、本の中で使われるボキャブラリーの難易度や単語の数によって、作品をレベル別に分けていることなんです。

自分に合ったレベルで1冊読み終えたら、次は1つ上のレベルに挑戦したりして、段階的にレベルを上げていくことができます。

具体的にどんな作品があるのかと言うと、世界の名作と言われるものから、映画、著名人の伝記など色んなジャンルがあります。

また、子ども向けのペンギンキッズというシリーズもあり、ディズニーやピクサーの映画が本になっているので、こちらはお子さんにもおすすめです。

おすすめの1冊 Holes(ホールズ)

簡単な英語でも、ストーリーが面白くないと途中でゼッタイに飽きてしまいます。
そこで、日刊英語ライフがおススメするのが「Holes」です。

洋書入門編の名作と言われているこの作品。

無罪の罪で更生施設に入れられてしまった主人公をめぐるお話で、詳しいストーリーは敢えて書きませんが、話の展開と伏線の張り方が読む人を飽きさせず、グングン引き込まれます。
この辺はAmazonのレビューでも大絶賛されているので見てみて下さい。

読みやすい英語で書かれているので、これから洋書を読み始める人にピッタリで、英語の基礎がだいたい分かっている人には「読める!」という感覚を味わってもらえると思います。

どこで洋書を買う?

とは言っても、洋書って高いイメージがないですか?

それがそうでもないんです。
インターネットで探せば、安く買えるものがたくさんあります。

Amazon.co.jpの洋書ページでもいろんな洋書が安く買えますし、Amazonでは取り扱っていない膨大な数の洋書を取り揃えているのがBook Depository.comというイギリスのサイトです。

「えー!イギリス?」と思った方、安心して下さい。

このサイトは世界100カ国以上に送料無料で届けてくれます。もちろん日本へも送料無料です!
何冊買っても送料を気にしなくていいって素敵じゃないですか?

ここはとにかく品揃えが豊富で、村上春樹の洋書や、今話題の映画「アナと雪の女王」の英語版の関連本もたくさんあります。

モノによっては、Amazon.co.jpの洋書ページで安く買えるものもあるので、両方のサイトで比較してみるといいですよね。
ただ、日本では手に入らないものもあったりするので、そんな時にはBook Depositoryが役に立ちそうです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS