ちょっと間違えやすい “off” の使い方

“I know イチロー” は仰天される?
簡単便利!たった1つで距離が表せる単語
「ただいま」と「おかえり」は英語にもある?

スポンサーリンク

皆さん、”off” という単語にどんなイメージを持っていますか?

テレビなどを消すのを “turn off” と言ったり、電気で動くものにはスイッチのところに “on / off” と書いてあったりしますよね。

そんな “off” のイメージって、何となく「作動していない」みたいなイメージがないですか?

今回のコラムは、そんなイメージだけではない “off” を使った表現のお話です。

“off” の基本的なイメージ

“off” の意味を辞書で調べたことはありますか?

辞書には「(時間的・空間的に)離れて、隔たって」や「(ある場所から)向こうへ、出発して、立ち去って」「休んで」「(作用・機能が)切れて、止まって」などという意味が並んでいます。

これらは、何となく2つの大きなイメージに分けられます。
「離れたところ(へ)」というイメージと、「機能・活動していない」というイメージです。

では、以下の文章はどんな意味だと思いますか?

My alarm didn’t go off this morning

「アラームが “go off” しなかった」

“my alarm” は「目覚ましのアラーム」、”this morning” は「今朝」です。
ここまでは簡単ですよね。

スポンサーリンク

では、これは今朝目覚ましがどうだったと言っているんでしょうか?

上に登場した “off” のイメージから推測すると、”off” に “go” しなかったので「目覚ましのアラームが止まらなかった」というイメージが思い浮かぶと思います。

でも、実はこれが間違えやすい “off” の使い方なんです。

“My alarm didn’t go off” は遅刻してきた人がよく口にする文章ですが、これは「目覚ましが鳴らなかった」という意味になります。

21-06-10 Cause I'd Rather Pretend I'll Still Be There At The End ~ Explored #1

“go off” はちょっと注意が必要

“go off” の意味をオックスフォード新英英辞典で調べると、こんな意味が書いてあります。

(of an alarm) begin to sound
(of a gun, bomb, or similar device) explode or fire

「アラームが音を出し始める」と書いてありますよね。

“go off” は目覚ましのアラーム以外にも、火災報知器(fire alarm)や自動車の盗難防止アラーム、銃や爆弾などにも使われます。

「アラームが鳴る(鳴り出す)」を英語にしなさいと言われると、電話が「鳴る」の “ring” が思い浮かぶかもしれませんが、実は “go off” で表されることがとても多いんです。

共通するイメージ

アラームが大きな音で鳴り出したり、銃や爆弾が発射されたり爆発するのに共通するイメージは「外へ・遠くへ」何かが放出されていく感じです。

そのイメージと、”off” の「離れたところへ」というイメージが重なれば「アラームが鳴り出す」という訳にそれほど違和感はないのですが、知らないと「go off = 電源がオフにならない」というイメージを持ってしまうと思います。

これを機会に、アラームは “go off” で「鳴り出す」と覚えてしまいましょう!

“off” についてもう少し詳しく掘ってみたい方は、こちらもどうぞ!↓



スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS