現在のことなのに過去形を使うナゾ

突然の訃報、どんな言葉をかければいい?
知らないと生活に困るイギリス英語
日本語とはちょっと違う 年末年始の挨拶

スポンサーリンク

先日、スーパーに行ってレジで会計をしてもらっていた時のこと。

レジのお姉さんがお肉をスキャンしながら、こんな質問をしてきました。
Did you want a separate bag for this?”

なぜ “Do you want” ではなく “Did you want” なのでしょうか?今回はそんな謎に迫ってみたいと思います。

「欲しかったですか」?

冒頭のシチュエーションは明らかに「現在」袋がいるか、いらないか尋ねている場面ですよね。なのに “Did” と過去形で聞いています。

実は、こんなことは意外によくある事なんです。

例えば、レストランで食事を終えた頃にウェイターさんがやって来て “Did you want coffee or tea?” と聞かれたり、洋服屋さんなどのお店に入ってウロウロしていると “Did you need any help?” のような感じです。

注意して聞いていると「現在」のことを聞いていて、特に “want” が一緒に使われる場合に “Did you want” のような過去形が使われることがよくあります。

これは一体なぜなのでしょうか?

過去形は過去だけを表すのではない

<過去のことを表す場合、過去形を使う>と学校で教わりましたよね?

スポンサーリンク

そのルールに従って、ふつうは現在のことは現在形、過去のことは過去形で文章を組み立てます。

もちろん、そのルールは間違っていません。でも、現在のことなのに過去形で表すのも間違っていないんです。

その代表例のようなものを、皆さんもすでにご存じのはずです。

例えば “Can you 〜?” の、より丁寧な言い方は何でしたか?
“Could you 〜?” ですよね。

同じように “Will you 〜?” よりも “Would you 〜?” の方がより丁寧ですよね。

どちらも現在のことなのに過去形を使っています。

Could you move away your feet?
© wonderjimmy

“Did you want” を使うワケ

“Do you want 〜?” と聞かずに “Did you want 〜?” を使うのは、より柔らかい・丁寧な表現ができるからなんです。

なぜ丁寧なのかと言うと、現在形はストレートに直球で相手に質問するのに対して、過去形にすることでダイレクトな感じを和らげる働きがあります。

例えば「デートでどこに行ったらいいかな」と友達に相談された場合にも “You can go to …” とは言わずに “You could go to …” という婉曲的な表現で提案することができます。

冒頭に出てきたスーパーのレジのお姉さんも “Do you want a bag?” ではなく、ちょっと柔らかい丁寧な表現をしていたんですね。

これ、結構よく耳にします

日常会話の中では、”Did you want (to) …?” をはじめ、現在のことなのにわざわざ過去形を使って、少し丁寧な言い回しにすることって意外とよくあるんです。

実は聞き逃しているかもしれませんよ。

周りで “Did you want (to) …?” を使っている人がいないか、耳をダンボにしてチェックしてみて下さい!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS